台湾人との国際結婚手続き│婚姻届出や配偶者ビザ取得をサポート

台湾のかたの国際結婚手続き・届出や準備する書類のコンサルティングと日本で暮らす配偶者ビザの申請サポートを行っているファーストベース行政書士事務所が説明します。

 

婚姻要件具備証明書とは

婚姻手続きで大事な書類

国際結婚の手続きでまず考えなくてはならない必要な書類が「婚姻要件具備証明書」です。
何それ。と疑問に思う方もいると思います。
お互いが日本人の場合は、婚姻届けと本籍地が異なる方の戸籍謄本の提出程度なのですが国際結婚となると少し話が異なってきます。
国内の場合は戸籍謄本をみれば、結婚の要件が役所の方にも用意に判断がつきますが、いきなり外国の方が婚姻届をもって役所に行っても「何この人」をなるわけです。もちろん、そんなことは言わないと思いますが。

国際結婚手続きにおいて、これを公的に証明するのが「婚姻要件具備証明書」なのです。つまり婚姻要件具備証明書とは、法律上の婚姻の条件を満たしていることを証明するものです。「独身であって、かつ婚姻能力を有し相手方と結婚するにつき、日本国法上何等の法律的障害のないことを証明する」といった記載があります

婚姻の成立

日本人配偶者の在留資格を取得のためには、双方の国で婚姻が成立していなければなりません。婚姻が可能な法的な条件は国により異なります。

 

台湾の方との結婚手続き

まずはじめに

台湾と日本には大使館が存在しません。

日本の大使館に相当する所:公益財団法人日本台湾交流協会 台北 高雄にあります。
台湾の大使館に相当する所:東京・大阪・福岡・札幌・横浜・那覇に代表処と弁事処と分処があります。

台湾は日本と同じように戸籍制度があります。また印鑑の制度もあります。

日本で婚姻手続きを先に進める場合

台湾の方の婚姻要件具備証明書の準備を中心に考えると理解しやすいと思います。

手続きの流れ

 台湾の方の戸籍謄本を取得

台湾は戸籍制度があります。戸籍は戸政事務所というところで入手します。
日本人が直接いっても取得できません。
方法は2つあります。
(1) 台湾人の配偶者が現地で取得する
(2) 台湾人の配偶者が代理人に取得してもらう
親戚でも友人でも構いませんが、日本でいう「委任状」のようなイメージの「授権証」が必要です。

台湾の方の婚姻要件具備証明書を入手

台北駐日経済文化代表処へ行き申請します

用意するもの

台湾の方
・パスポート
・戸籍謄本(①で取得したもの)

 日本側の婚姻届けの提出

市町村役場へ婚姻届けを提出します

用意するもの

台湾の方

  • パスポート
  • 婚姻要件具備証明書(和訳も)
  • 台湾の戸籍謄本(和訳も)

日本の方

  • 婚姻届
  • 戸籍謄本
  • 身分証明書
台湾側での婚姻手続き

日本にある代表処で手続きを行う、または夫婦で台湾に行き市役所へ提出、代理での提出も可能です。

用意するもの
  • 日本の戸籍謄本

反映されるまで、しばらくかかります。
日本の戸籍謄本は、2部用意(在留ビザ申請の場合は、もう1部)します。中文訳も用意します。代表処で認証をうけます。

  • 台湾の戸籍謄本

未婚になっているもの

  • それぞれのパスポート
  • 日本人の「中文姓名声明書」

代表処で申請します。「中文姓名声明書」とは台湾の戸籍謄本にのせるための中国語の氏名です。

  • それぞれの印鑑

台湾の方は姓名がはいっているもの 日本人の方は実印です。

以上で手続きが完了です

台湾で婚姻手続きを先に進める場合

日本の方の婚姻要件具備証明書の準備を中心に考えると理解しやすいのではないでしょうか。

手続きの流れ

日本人の戸籍謄本を市町村役場で取得

本籍地で戸籍謄本を取得します。郵送でも対応できます。

 台湾で「婚姻要件具備証明書」を入手

交流協会台北事務所または高雄事務所にて)台湾の外交部領事事務局で申請

用意するもの
  • 戸籍謄本
  • パスポート
 「婚姻要件具備証明書」の認証を受ける

台湾の外交部領事事務局で認証を受けます。認証には約2日かかります。

 婚姻届けの提出

お二人そろって台湾の市役所に提出します。

用意するもの
  • 「結婚書約」:婚姻届のことです。
  • 認証済「婚姻要件具備証明書」

提出したら結婚証明書「婚姻証書」を取得してください。

日本側での婚姻手続き
用意するもの
  • 台湾の戸籍謄本  1 通

婚姻手続済で配偶者が記載のもの。日本語訳をつけます。

  • 婚姻証書

台湾市役所で発行した結婚証明書です。日本語訳をつけます。

  • パスポート
  • 日本人の印鑑

これで手続きは完了です。

国際結婚や日本での就労に関するビザなら当事務所へご相談ください

法令などの改正による手続きの変更で、必要書類が急遽変更になったり、両国の提出先によって必要書類が異なる場合があります。資料を集める前に市町村役場、代表処、協会にご確認することをお勧めいたします。その後の準備の日程が早くなる可能性があります。

台湾の方との国際結婚をされて、お二人で日本で過ごす場合は在留のための在留資格の取得が必要となります。複雑な婚姻手続きの後で、在留許可の入管への申請手続きは書類を集める労力が大変です。

当事務所のようなビザ申請を専門に行っている行政書士にご相談するのが、結果的に早道となると思います。ファーストベース行政書士事務所では、特に国際結婚について注力して業務を行っています。ご心配事、不安なところなどございましたら、遠慮なく御相談いただけることをお待ちしています。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る