フィリピン人との国際結婚 婚姻手続きと必要な書類

 フィリピン人の方との結婚手続き

フィリピン人の方と御婚約おめでとうございます!
国際結婚の手続きを調べているのでしょうか。
そうすると、おそらく様々なwebサイト、いろんな方のブログなどをお読みになって情報を収集されているのでしょうか。
調べているのは、手続きの内容でしょうか。手続きの順番でしょうか。ひとりで調べていくと、なんだか大変だなぁと感じませんでしたか。
どちらの国から結婚手続きを進めるにしても、たくさん準備する事があって混乱していませんでしょか。
きっと順を追っていけば、わかりやすいかもしれませんね。
それでは、婚姻の手続きについて日本が先とフィリピンから先に行う場合とそれぞれを説明していきます。

婚姻手続きでの重要な書類

国際結婚の手続きを進める時に、まず準備を考えなくてはならない書類が「婚姻要件具備証明書」です。「何それ?」と疑問に思う方もいると思います。確かに、なかなか聞いたことがない書類だと思います。

お互いが日本人の場合は、婚姻届けを書いて役所に提出で手続きは完了ですが、国際結婚となると、かなり話が違ってきます。

日本人の方は戸籍謄本をみれば、結婚の要件が役所の方にも容易に判断がつきますが、いきなり外国の方が婚姻届をもって役所に行っても役所の人は、「この人、一体どういう方。結婚出来る方?」をなるわけです。

国際結婚手続きにおいて、これを法的に証明するのが「婚姻要件具備証明書」なのです。

「独身であって、かつ婚姻能力を有し相手方と結婚するにつき、日本国法上何等の法律的障害のないことを証明する」といった記載があります。

似ているようですが、独身証明書とは違います。日本の市町村役場で、独身証明書の発行もあります。こちらは結婚相談所などに入会するための証明に利用されているようです。混同されないよう気を付けた方が良いでしょう。

日本から先に結婚手続きを行う場合

 外国人配偶者の「婚姻要件具備証明書」ついて

日本から先に結婚手続きを行う場合は、フィリピン人の方がすでに有効な在留資格、つまり長期のビザを持っている場合です。

日本にあるフィリピン大使館で、フィリピン人の婚姻要件具備証明書を取得します。
必ず配偶者になり日本人と一緒に訪問しなければなりません。大使館では、短期ビザで来日したフィリピン人には、婚姻要件具備証明書を発行しません。

フィリピン人の方が用意するもの

・申請用紙 記入済のもの
・パスポート(原本+データページのコピー1部)
・在留カードまたは日本での在留資格がわかるもの(原本提示+データページのコピー1部)
・フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書 (原本+コピー1部)
・フィリピン外務省認証済みPSA発行の独身証明書(CENOMAR) (原本+コピー1部)
・証明写真  パスポートサイズ3枚

-18歳から25歳の初婚フィリピン国籍者の方
以下の書類が追加されます。
a) 18歳以上20歳以下の場合 – 両親の同意宣誓供述書
b) 21歳以上25歳以下の場合 – 両親の承諾宣誓書
両親がフィリピンに居住している場合
両親の同意書・承諾書:フィリピン国内の公証役場で公証し、フィリピン外務省にて認証
済の書類
両親が日本に居住している場合 :フィリピン大使館に来館し作成します
両親が亡くなられている場合  : PSA発行の死亡証明書 フィリピン外務省で認証済の書類

日本人の方が用意するもの (日本国籍者)

・戸籍謄本   原本1通とコピー1部
・身分証明書:パスポートや運転免許証など  (原本提示+データページのコピー1部)
・証明写真 パスポートサイズ3枚

日本側の婚姻手続き

市町村役場へ行き婚姻届けを提出します。
・婚姻届
・フィリピン人の方の婚姻要件具備証明書
・婚姻要件具備証明書の日本語翻訳文
・フィリピン外務省認証済みPSA発行の出生証明書
・出生証明書の日本語翻訳文
・フィリピン外務省認証済みPSA発行の独身証明書
・独身証明書の日本語翻訳文

以上で日本側の婚姻が成立します。

フィリピン側の婚姻手続き

かならずお二人揃って訪問して申請します。

用意する書類

・フィリピン側の婚姻届申請書 – フィリピン大使館のホームページからダウンロードして、申請前に記入しておきます。
・有効なパスポートとそのデータページのコピー (夫:4枚 – 妻:4枚)
・婚姻届の記載事項証明書 (原本+コピー4部):提出した日本の役所から入手します。
・婚姻事項が記載されている戸籍謄本 (原本+コピー4部)
・証明写真 パスポートサイズ (夫:4枚 – 妻:4枚)
・返信用封筒レターパック510(郵便局またはコンビニエンスストアで購入出来ます)

フィリピンで先に結婚手続きを行う場合

フィリピンの方が現地にお住まいの場合もしくは、フィリピンの日本人が行き結婚手続きを行う場合はこちらになります。手続きは日本先の場合より簡単となります。こちらのケースの方が多いのではないでしょうか。

日本人配偶者の「婚姻要件具備証明書」を入手

フィリピンの日本大使館へ行き日本人の方の婚姻要件具備証明書を入手します。

用意する書類 

・申請書
・戸籍謄(抄)本  3ヵ月以内発行のもの
婚姻の経験がある方は「離婚証明書」も大使館で作成します。戸籍謄(抄)本を確認して、前婚の婚姻及び婚姻 解消(離婚等)が記載あるかどうかを確認してください。
記載されていない場合は,その事実の記載があるまで遡って改製原戸籍 または除籍謄本もご用意ください。役場で入手できます。
・パスポート
・フィリピン人の方の出生証明書謄本(Birth Certificate)
※フィリピン統計局(PSA:旧NSO)もしくは市役所発行のもの
・未成年者の場合は,両親等法定代理人の婚姻同意書

申請する方は、日本人のみです。交付を受ける方も同様です。
申請日の翌日(大使館営業日)に交付されます。午後申請の場合は翌日午後に交付です。
英文で発行されます。

フィリピン側での婚姻手続き

婚姻の手続きは、フィリピン人の方がお住まいの市町村役場に行います。
かならず早めに、提出する市町村役場に手続きや必要書類の確認等を行ってください。申請場所や地域によって異なる場合や急に制度変更などで変更や追加資料が必要になる場合があります。
流れとしては
(1)マリッジライセンスの申請⇒(2)公示⇒(3)挙式・婚姻証明書の入手
となっています。順を追って説明しましょう。

(1)マリッジライセンスの申請

マリッジライセンスとは、婚姻許可証ことです。
この申請が、フィリピン側での婚姻の手続きの始まりです。フィリピン人の方がお住まいの市町村役場にマリッジライセンスの申請を行います。
この時に日本人の婚姻要件具備証明書が必要となります。

(2)公示

マリッジライセンスの申請が受理されると、10日間の公示期間があります。申請者の名前等が地方民事登録官事務所に公示され、問題がなければマリッジライセンスが交付されます。
有効期間は120日です。有効期間内に挙式を行わなければなりません。

(3)挙式・婚姻証明書の入手

フィリピンで法的に婚姻を成立するためには、挙式を行う必要があります。
婚姻挙行担当官が挙式を執り行う法的権限を持っています。この人と成人の2名の証人の面前で宣誓をおこない、当事者と証人が婚姻証明書に署名を行います。これを婚姻挙行担当官が認証します。
これにより婚姻が成立して、婚姻証明書が婚姻挙行担当官より挙行地のフィリピン市町村役場に送付され、地方民事登記官により登録が行われます。登録完了により婚姻証明書が入手可能となります。

これでフィリピン側の婚姻手続きが完了しました。

日本側での手続き

フィリピンにある日本大使館もしくは日本の市町村役場に提出します。

用意する書類

・婚姻届出書:2通
・戸籍謄(抄)本:2通 (原本1通,写し1通)
・日本人およびフィリピン人の方のパスポート(写) もしくは出生証明書
・上記の日本語翻訳文 各2通(原本1通,写し1通)
・婚姻証明書
・婚姻証明書の日本語翻訳文:各2通 (原本1通,写し1通)
婚姻証明書は市役所発行の原本照合済み(CERTIFIED TRUE COPY)のスタンプがあるか確認してください。
これで日本側の手続きも完了します。

専門家にお任せください。

どうでしょうか。
手続きは時間がかかります。役所へ申請が慣れていない方が行うと、一日仕事になったり、二度手間になったりして大変効率が悪いのではないでしょうか。

日本で一緒に暮らす事を決めたとき、この後にさらに大きな手続きが待っています。
お相手のフィリピン人の方が日本で暮らすためのビザの手続きですね。
すでに持っていても変更をなる場合もあります。この申請は婚姻手続きよりも、おそらく大変だと思います。
そしてお二人に、手続きに関し、気になる事やお悩み事がある場合は、なんとかご自身だけで対応しようとする方もいらっしゃいますが、「うまくいかない」、つまり許可されないことが少なからずあります。
ぜひ日本で暮らすためのビザ取得の専門家、ファーストベース行政書士事務所まで御相談してください。
日本で夫婦一緒に暮らすとなると、準備することがたくさんあると思います。ぜひ貴重なお時間ですのでビザの申請は専門家にお任せください。ご連絡をお待ちしています。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る