【2022年】ベトナム人の国際結婚はこれさえ読むと安心!知っておきたい進め方@全国対応の行政書士

日本でベトナム人と夫婦で暮らすには、配偶者ビザなどの在留資格が必要です。配偶者ビザの取得には、ベトナムと日本で婚姻が成立していなければなりません。

ビザの申請にあたりベトナム側で婚姻が成立していることの証明はベトナム人との婚姻証明書になります。ビザの申請に向け婚姻証明書の取得を目指していきます。

 

 

ここでは、ベトナム人との国際結婚の手続きについて説明します。手続きの進め方は少し複雑かもしれません。

 

どちらから先に行うかはお客様の状況によります。日本からの先に行う方が手続きとしては、分かりやすく進めやすいかもしれません。

  • コラム 「統計からみる日本で暮らすベトナム人」

2021年12月末時点で中長期のビザをもって日本で暮らすベトナム国籍の方は、約43万人、そのうち配偶者ビザ持っている方は5,435人(前年比9.1%増)、永住者は20,206人(前年比9.4%増)です。

(出典 法務省 出入国管理統計統計表)

これからも日本に来るベトナム人がが増え、ますます日本人との出会いが増えていくかもしれませんね。

 

ベトナム人との国際結婚

ベトナムと日本の婚姻制度

  • 婚姻可能年齢

ベトナム:男性は満 20 歳以上、女性は満 18 歳以上(ベトナム婚姻家族法 第8条)

日本:男女ともに18歳から(民法 改正により2022年4月より)

 

  • 再婚待期期間(再婚禁止期間)

日本は女性の再婚禁止期間が6カ月から100日に短縮されました。

前婚の解消または取消の日から起算して100日を経過するまでが再婚禁止期間です。

前婚の解消または取消の日に妊娠していなかった場合または前婚の解消または取消後に出産した場合は、再婚禁止期間の適用を受けません。

 

ベトナム法では再婚禁止期間はありません。日本人と結婚する場合は、ベトナム人女性にも日本の婚姻待期期間が適用されます。

婚姻要件具備証明書

国際結婚の手続きでまず考えなくてはならない必要な書類が「婚姻要件具備証明書」です。何それ。聞いたことがない、と疑問に思った方もいらっしゃるかと思います。

お互いが日本人の場合ですと必要書類は、婚姻届けと本籍地が異なる方の戸籍謄本の提出程度で良いのですが国際結婚となると少し話が異なってきます。

日本人のカップルの場合は戸籍謄本をみれば、結婚の要件が揃っていることに役所の方にも容易に判断がつきます。国際結婚の場合、いきなり外国の方が婚姻届をもって役所に行っても「あなたいったい結婚できる方なのかしら??」をなるわけです。もちろん、そんなことは言わないでしょうが。

国際結婚手続きにおいて、これを公的に証明するのが「婚姻要件具備証明書」なのです。つまり婚姻要件具備証明書とは、法律上の婚姻の条件を満たしていることを証明するものです。

日本人の婚姻要件具備証明書には、「独身であって、かつ婚姻能力を有し相手方と結婚するにつき、日本国法上何等の法律的障害のないことを証明する」といった記載があります。

独身証明書とは異なります。市町村役場には、独身証明書の発行もあります。こちらは結婚相談所などに入会するための証明に利用されているようです。混同されないようにしてください。

 

どちらの婚姻要件具備証明書?

日本で先に結婚を行う場合

ベトナム人の「婚姻要件具備証明書」を取得します。

在日ベトナム公館(東京:ベトナム社会主義共和国大使館、大阪:在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館、福岡:在福岡ベトナム社会主義共和国総領事館)で取得できます。日本人だけでは取得できず、かならずお二人で行くことが必要です。

 

ベトナム大使館へのアクセス(東京・代々木八幡)

 

  • ベトナムから先に結婚を行う場合

日本人の「婚姻要件具備証明書」の取得が必要です。ベトナム現地での婚姻手続きの時に提出となります。

現地の日本大使館で取得できます。あるいは日本の役所や法務局(本局か支局)で取得できます。日本で取得する場合は、ほとんどの国は法務局の発行のものしか認めていません。したがって、管轄の法務局で取得することになります。

では婚姻の手続きについて説明いたします。繰り返しになりますが、結婚の手続きを行うには二つのルートがあります。結婚の手続きのながれと必要な書類について順に説明いたしましょう。

従来は短期滞在で日本に来た場合でも 在日ベトナム大使館でベトナム人の婚姻要件具備証明書は発行されましたが、現在は発行されません。(2019年12月時点での情報)

 

日本から先の結婚

日本での結婚を先に成立させる場合は、(1)ベトナム人がすでに日本で住んでいる場合と(2)ベトナムに住んでいる場合で準備する書類が異なります。順を追って説明します。

(1)ベトナム人が日本に住んでいる

お相手のの方が日本で既に暮らしている場合の手続きの流れは次のような順番となります。

  • ①ベトナム人の婚姻要件具備証明書

ベトナム大使館で取得

  • ②日本で婚姻届提出

 

婚姻届受理証明書をもらう

  • ③ベトナム側での婚姻手続

 

日本にあるベトナム大使館へ婚姻届受理証明書を提出

ベトナムの婚姻証明書もらう

ベトナム大使館では、日本に住んでいる中長期の在留資格を持つベトナム人でないと婚姻要件具備証明書は発行されません。短期滞在ビザでは発行しません。

コラム 役場へ提出のときは日本語に翻訳が必要でしょうか?

⇒婚姻要件具備証明書は翻訳が必要です。ベトナム大使館で翻訳してくれます 有料です。

ベトナム人の婚姻要件具備証明書を取得にベトナム大使館行くときはお二人一緒でしょうか?

⇒必ず婚約者と二人で行ってください。

 

①婚姻要件具備証明書の取得

ベトナム大使館へ行き、ベトナム人の婚姻要件具備証明書を取得します。

ベトナム人が用意するもの

  • 出生証明書(ベトナムで取得)
  • 現住所の証明書 在留カード
  • 婚姻状況証明書(=独身証明書 ベトナムで取得)
  • パスポート
  • 人民委員会の発行する人民証明書(IDカード)
  • 日本の在住する役所から「結婚登録書に自分の名前が記載されていない証明書」
  • 婚姻許可書や承諾書(技能実習生の場合 管理団体や会社から)

日本人が用意するもの

  • パスポート
  • 住民票

②日本で婚姻届提出

ベトナム人の婚姻要件具備証明書を取得したら、市町村役場に婚姻届を提出します。

ベトナム人が用意するもの

  • ベトナム人の「婚姻要件具備証明書」
  • パスポート

日本人が用意するもの

  • 婚姻届

国際結婚の場合、婚姻届の記載方法はいくつか注意点があります。婚姻届を提出する役所の方に事前に確認した方が良いです。

  • 提出先が本籍と異なる場合は全部事項証明書(=戸籍謄本)

 

婚姻届を提出したら「婚姻届受理証明書」を受領します。

③ベトナム側の婚姻手続

日本側の婚姻手続きが完了しましたら次はベトナム側の手続きです。日本にあるベトナム大使館へ行き手続きを行います。

日本のベトナム大使館への婚姻届で必要なもの

  • 戸籍謄本

婚姻が反映された戸籍謄本です。結婚前のものではありません。およそ婚姻届け提出後1週間程度かかります

  • 婚姻届受理証明書
  • 夫婦それぞれのパスポート

婚姻手続きを行い、「婚姻証明書」を取得してベトナム側の婚姻手続きは完了です。

(2)ベトナムに住んでいる(それぞれで手続きパターン)

ベトナム人のお相手の方がベトナムに住んでいる場合はベトナムに居たまま、日本で先に婚姻手続きの可能性もあります。それぞれ現地での対応となりますので、しっかりとコミュニケーションをとることが大事です。

以下の順に進めていきます。

  • ①必要書類の確認

  • ②母国書類を日本へ送付

  • ③日本で婚姻届の提出

  • ④ベトナムで婚姻手続き

といった流れになります。

 

①必要な書類の確認

日本人は日本の市町村役場での必要書類の確認と、同じタイミングでベトナム人配偶者はベトナム側での必要書類を確認します。

日本側では以下の書類で婚姻届を受理できるかを提出先の役所に確認します。

ベトナム人の書類

  • 婚姻状況証明書※
  • 出生証明書(※では婚姻届が受理できない場合に必要です)
  • 独身証明書(※では婚姻届が受理できない場合に必要です)
  • パスポートのコピー

ベトナム語の書類は日本語へ翻訳した書類が必要です。

市町村によっては、用意する書類等対応が異なる場合がありますので必ず事前に確認が必要です。

  • ベトナム本国で婚姻状況証明書を取得(お相手の方などが現地で取得)

婚姻状況証明書には利用目的欄があります。

婚姻証明書の申請書で使用目的を記載します。申請前にお相手の方に婚姻相手(日本人)の
姓名、生年月日、身分証明書(パスポートナンバー)、居住地のデータを必ず伝えてあげてください。

Ghi rõ mục đích sử dụng Giấy xác nhận tình trạng hôn nhân. Trường hợp sử dụng Giấy xác nhận tình trạng hôn nhân để kết hôn, thì phải ghi rõ kết hôn với ai (họ, chữ đệm, tên; ngày, tháng, năm sinh; quốc tịch; giấy tờ tùy thân; nơi cư trú); nơi dự định đăng ký kết hôn.

 

②母国書類を日本へ送付

必要な書類の確認がおわりましたら、お相手のベトナム人に関する書類を現地で取得し、ベトナム人はFedExなどで日本のフィアンセ宛に送付します。

 

③日本で婚姻届の提出

婚姻届けを役所に提出後、婚姻届受理証明書を入手します

日本人が用意するもの

  • 婚姻届
  • パスポート
  • 住民票

先ほど確認したベトナム人の母国の書類と一緒に役所に婚姻届を提出して、婚姻届受理証明書を入手します。

ベトナム人の書類

  • 婚姻状況証明書※
  • 出生証明書(※では婚姻届が受理できない場合に必要です)
  • 独身証明書(※では婚姻届が受理できない場合に必要です)
  • パスポートのコピー

など。ベトナム語の書類は日本語訳が必要です。

④ベトナムで婚姻手続き

日本側での婚姻手続きの時に入手した婚姻届受理証明書をベトナム人配偶者に送付しします。①の時に、確認した日本人に関係する書類も併せて送付します。

日本語の書類は外務省で公印確認の後で在日本ベトナム大使館で領事認証を行います。翻訳文も必要です。

ベトナムにいるベトナム人配偶者が本籍がある区・県人民委員会で婚姻手続きを行います。

結婚登録をおこなった後、ベトナムの婚姻証明書が入手できます。これでベトナム側も婚姻手続きは完了です。婚姻証明書は配偶者ビザの申請の時に必要です。

 

ベトナム側から先に婚姻手続

ベトナム側先に行う場合の全体の手続きのながれは以下の通りです

  • ①日本人の婚姻要件具備証明書を入手

  • ②人民委員会 司法局で婚姻登録の申請

法務局で婚姻証明書発行

  • ③日本大使館で報告的届出

 

ベトナム側の婚姻手続き

ベトナム側の婚姻手続きには、日本人の婚姻要件具備証明書が必要です。

日本から「婚姻要件具備証明書」を持って行く方法と現地の日本大使館で婚姻要件具備証明書を入手する方法があります。

①日本人の「婚姻要件具備証明書」

婚姻要件具備証明書(日本で入手した場合)

1)在ベトナム日本国大使館で「公文書上の印章証明書」の発給を受けます。


2)ベトナム外務省領事局で認証を受ける。


3)地方人民委員会各区事務所でベトナム語への翻訳を取得する。

婚姻要件具備証明書(在ベトナム日本大使館で入手)の場合

1)ベトナム外務省領事局で認証を受ける。


2)地方人民委員会各区事務所でベトナム語への翻訳を取得します。

 

婚姻要件具備証明書を日本で発給を受ける場合

戸籍事務を扱っている法務局又は地方法務局およびその支局で申請します。必ず日本人本人が請求・受領します(郵送も不可)代理人による請求・受領はできません。

用意する書類

  • 申請書
  • 戸籍謄本
  • 本人と結婚相手のパスポート

 

婚姻要件具備証明書を在ベトナム日本大使館・領事館で発給を受ける場合

申請者本人が日本大使館に行き申請します。

用意する書類

  • 証明書発給申請書
  • バスポート
  • 戸籍謄(抄)本
  • 婚姻相手の身分証明書
  • 婚姻相手の婚姻状況証明書(公安局発行) =独身証明書

②人民委員会での婚姻の申請

お相手の方の本籍がある区・県人民委員会で申請を行います。お二人のうち、どちらかが訪問すれば構いません。結婚登録後、婚姻証明書が入手できます。

用意する書類

  • 婚姻登録の申請書
  • 日本人の「婚姻要件具備証明書」
  • 健康診断書 精神科を含む日本の公立病院発行のもの※
  • パスポート

※診断書は公証役場で公証を受けて、外務省で領事認証と在日ベトナム大使館で認証を受けます。地方人民委員会各区事務所でベトナム語への翻訳が必要です。

これでベトナム側の婚姻手続きが完了です。ベトナムの婚姻証明書を取得します。

 

日本側での婚姻手続き

べトナム側の婚姻手続きが完了後、ベトナムの婚姻証明書を取得したあとで、日本側の婚姻手続きを行います。ベトナムにある日本大使館もしくは日本の市町村役場に提出します。

日本大使館で必要な書類

  • 婚姻届出書
  • 戸籍謄本
  • 婚姻証明書(ベトナム側で取得したもの)
  • 婚姻証明書の日本語訳文
  • ベトナム人の国籍を証明する書面 パスポートなど と日本語訳文

 

婚姻証明書、パスポートについては、手続きの時には原本を必ず持って行きます。日本大使館に届出る場合、ベトナムでの婚姻成立日から 3ヶ月以内に日本大使館に届け出なければなりません。これで日本側の手続きも完了します。

婚姻手続きが完了したら、いよいよ日本で住む配偶者ビザの申請です。日本にベトナム人が現在住んでいない場合は、在留資格認定証明書交付申請を行います。

 

コラム 偽装結婚について

ベトナム婚姻家族法には以下の条文があります。

第 3 条 用語の説明
11.偽装結婚とは、家族構築を目的とせず、ベトナムの出国、入国、居住、帰化、外国籍の取得、国家の優遇制度の享受又は他の目的達成のために、結婚を悪用することをいう。

第 19 条 夫婦の義務
1.夫婦は、互いに愛し合い、尽くし合い、尊重し合い、関心を持ち合い、介護し合い、助け合い、家族内の仕事を分担、実施する義務を負う。

ベトナム法でも明確に「偽装結婚」について記載があり、夫婦の義務を規定していますね。

配偶者ビザの申請にあたって特に重要な事が2つあります。

ひとつはお二人の結婚が「偽装結婚」でないこと。

もうひとつが日本でお二人が継続して暮らしていける収入があること。言い換えるとこの先も生計が維持できるかということです。

この二つを書類で証明しなくてはなりません。申請にはこれ以外にも数おおくの書類を準備します。時間が無い方や不安な点があるかたは専門家に申請をお任せするのも良いと思います。

いかがでしたか今回はベトナム人の国際結婚について婚姻手続きのながれを説明しました。どうか末永くお幸せに。

 

次の記事では当事務所の配偶者ビザのサポート内容を説明した記事です。

よろしければ検討してみてください。

国際結婚ビザ | ファーストベース行政書士事務所 (firstbase.info)

 

ベトナムにある在ベトナム日本公館は外務省のサイトから確認できます。

外務省 在外公館リスト 在ベトナム日本国大使館・総領事館

免責事項

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る