日本永住ビザ取得条件:何年必要か?重要ポイントの継続居住条件を行政書士が解説

2024年7月更新 永住ビザを取得したいのですが みんな早く永住ビザが欲しいのですが。たとえば次のように。 ・永住ビザを取得して日本入国できますか? 「永住ビザ取りたいのですが。」 「お客様がですか。」 「いいえ、私の知…

続きを読む

納税証明書(その3)って何だろう?永住申請に必要書類を国際業務の行政書士が解説

(2024年6月更新) 永住申請には数多くの書類を用意します。必要書類の中には、これまで聞いたことが無い書類もあるのではないでしょうか。外国籍の方にとっては、違いが分かりにくい書類もあります。一体どこで取得すれば良いのだ…

続きを読む

離婚したら永住ビザは取消になるのでしょうか?

離婚したら永住権はどうなるのでしょう。 お客様からの問い合わせ 先日中国人の女性からお問い合わせがありました。 「配偶者ビザから何年もかかり永住ビザを取得したのですが、結局日本人の夫と離婚してしまいました。苦労して手に入…

続きを読む

永住ビザを持っている方も手続き必要!再入国許可とみなし再入国許可

(2023年6月更新) 日本で暮らす外国人が、日本から出国すると、現在もっているビザはどうなるのでしょうか? ビザに関してとくに手続きを行わなくても、外国人は日本から出国できます。しかし何も手続きをおこなわないで日本から…

続きを読む

 永住者の配偶者ビザの取得手続きとポイント:新宿区の行政書士が解説

  日本で永住者として生活する外国人の、その配偶者で外国籍を持つ方を永住者の配偶者といいます。本記事では、永住者の配偶者ビザについて、ビザ申請サポートを行っている行政書士が詳しく説明します。   永住…

続きを読む

配偶者ビザから永住者ビザの取得│私は後どのくらい年数が必要なの

(2024年6月更新) 私は、あとどのくらい待てば、永住ビザの申請ができるのでしょう…… 配偶者ビザをお持ちの方から、いつになったら永住ビザが申請できるのでしょうか?とよくご相談を受けます。永住ビザは在留活動の内容や在留…

続きを読む

2024年入管法の改正:永住ビザ取消規定が与える影響と課題

永住ビザの取消制度とは? 日本政府は外国人の育成就労制度の創設に向けて、今後外国人の長期滞在者の増加を見越し、永住許可制度の見直しを入管法の改正により進めています。この見直しでは、税金や社会保険料の未納があった場合、永住…

続きを読む

永住ビザを取ろう│離婚定住から永住権申請までの期間

母国の国籍のまま日本に居住する期間の制限が無い、つまり更新許可手続きがなく、就労の制限がない永住者の在留資格は日本に住む外国人にとって、とても魅力的なビザです。 welcome everyone! こんにちは。東京新宿2…

続きを読む

永住者の在留資格の方の心配事 離婚や死別は永住取消ですか?

こんにちは!東京新宿2丁目で配偶者ビザ、永住権、帰化申請の専門家、フィラール行政書士事務所が永住者の方の御相談を受けたので解説いたします。 離婚したら永住ビザは取り消しになりますか? タイ人奥様の御相談   タ…

続きを読む

永住権は永遠に続かない4つの場合。永住権の取消 

日本での永住権を取得された方、おめでとうございます!これから益々一層の日本でのご活躍をこころより祈念いたします。 東京・新宿2丁目のビザ申請サポートを専門に行っているフィラール行政書士事務所が永住権取得後の注意点、日本で…

続きを読む

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    弊所の同意なく、この問い合わせフォームを使用して営業活動や広告等の特定電子メールを送信することを拒否します(特定電子メール法)

    ページトップへ戻る