国際結婚ビザ

はっぴぃ☆国際結婚ビザモール

海外の方とのご結婚が決まり、おめでとうございます!

国際結婚。そして日本での生活、楽しいスタートをできるだけ早く始めたいものですね。

ところで、結婚にあたり婚姻の手続きに加えて、お相手の方が海外の方の場合は、日本ですごすビザが必要となります。夫婦仲良く一緒に暮らしていけるよう、間違いなく配偶者ビザを取得したいものです。

結婚にあたっては、新しい生活にむけて準備することが数多くあります。それに加え国際結婚の場合配偶者ビザの申請に、とても手間がかかります。

国際結婚・配偶者ビザの申請をサポート

体力的、精神的な負担を軽くするために当事務所のような専門家にぜひお任せください。

なかには、さまざまな事情でお悩みやご心配事がある方もいらっしゃるかと思います。一緒に暮らしたいカップルで「真実の愛情」が二人の間にあるにも関わらず、ビザ取得にあたり心配事があるカップルの方も遠慮なくご相談ください。ひとりで悩んでも解決することは、とても難しいでしょうから。

以下のような方におすすめ

当事務所では、以下のような方におすすめのサービスを提供しています。

  1. 日本にいる外国人とご結婚される方
  2. 外国にいる外国人を日本に呼びよせて結婚する場合
  3. 二人とも海外にいて、これから日本での生活を行いたい方
  4. 永住者や定住者との結婚をする外国人の方
  5. 前の夫とのお子様がいる方

などなど。

国際結婚の2つの手続き

国際結婚をして日本で暮らすには

  • 婚姻の手続き
  • 日本で暮らすための在留資格取得の手続き

と大きな2つの申請の流れがあります。

まず婚姻の手続きは、お互いの国で行わなければなりません。そのためにとても多くの時間をかけ、沢山の書類をあつめる苦労や手間があります。

これから国際結婚の手続きをされる方、一体どちらの国から先に進めたほうが良いのでしょうか?婚姻手続きだけを考えても、とても大変ですよね。

日本で暮らす配偶者ビザ取得にあたっては、さらに色々と考慮しなくてはならない事が出てきます。

 

国際結婚の様々なパターン

結婚にはいろんなパターンがあります。配偶者ビザ取得にあたり、お二人の間の事情で心配事は、例えばこんな事はございませんか。

  • 年の差カップル (日本人男性が年上)
  • 年の差カップル (日本人女性が年上)
  • 離婚歴があります
  • 出会い系サイトで知り合った
  • 日本人パブでの出会い
  • 交際期間が短い
  • 現地訪問回数が少ない
  • 留学生との結婚
  • 技能実習生との結婚

どうでしょう。以上の事例では、特に出入国在留管理庁での審査が厳しくなります。提出資料も多くなります。

お二人でお仕事をしながら、資料を集めて婚姻の手続きを苦労して済ましてもお二人の関係や状況などが正確に審査官に伝えることができず、「配偶者ビザ」の許可が下りなかった。そうなると日本での夫婦での暮らしは、いつまでたっても始めることができないという、非常に残念なことになってしまいます。

「配偶者ビザ」の許可をもらうには、結婚が真正なものであることを客観的に証明し、出入国在留管理庁の審査官に納得していただかねばなりません。「偽装結婚」の疑義を抱かれては、いつまでたっても許可が下りません。

行政書士、特にビザを専門としている当事務所にお任せいただければ、お客様から丁寧にヒアリングを行い、詳細を確認しながら可能性につきアドバイスを行い、二人の結婚が真正なものであることをどうやったら証明できるかをご提案し、許可に向けてサポートしていきます。

当事務所は、アジア・ヨーロッパ・アメリカなど世界各国の国際結婚のビザ申請を得意としています。国毎の事情に応じた的確なアドバイスが可能です。

お二人で申請手続きを進めるのも良いことだと思います。とはいえ、幸せにむかっての日本での門出ですから、間違えなく安心して実現したいですよね。

当事務所にお任せください。そして、お困りのカップル、不安なことがあるカップルは遠慮なく御相談してみませんか。秘密は厳守で対応いたしますのでご安心を!

メニューに応じた料金は以下の通りです。

サービスと料金

おすすめ! 基本メニュー 竹コース

私のほうでは、必要書類のアドバイスやコンサルタントとリストアップを行います。後はお客様が役所などで集めて当事務所に送るだけ。送っていただきました資料をもとに当事務所が申請資料を作成し、申請代行、結果の受け取りを行います

配偶者ビザ 在留資格変更許可申請
お相手の海外の方が日本に住んでいる場合
95,000円+税 印紙代
配偶者ビザ 在留資格認定証明書交付申請
お相手の海外の方が外国に住んでいる(日本に呼ぶ)
95,000円+税 印紙代
配偶者ビザ 在留資格更新許可申請 39,000円+税 印紙代
配偶者ビザ 離婚後の更新の場合 95,000円+税 印紙代

そのほか、100% サポートプランの「松コース」や申請書類のチェックのみの「梅コース」の
プランも御用意しています。お客様のご予算、ニーズにあわせご検討ください。

更にこれから結婚手続きを始めるお二人の場合、結婚手続きコミコミお任せコースも用意しています。

他の事務所のお値段がとても気になるお客様へ

安いのには、もしかすると、それなりの理由があるのかもしれません。

たとえば、その事務所からの提示された見積もりは、果たしてお客様の気がかりな所が、きちんと丁寧にお伺いできる内容となっていますでしょうか。

その事務所は、「許可」が確実に取れること、すなわちお客様の期待しているGoal=幸せを追及しているように感じましたでしょうか?

そう考えると、ただ単に安いということだけで、お任せすることは、私がお客様のお立場でしたら非常に不安に思うに違いありません。

私が大切にしたいことその場だけのお取引ではなく、このたびの何かのご縁を大事にして、お客様がさらに次のステージでの活躍できること、末永く成功が続くことを心より望んでいます。

安い価格に飛びついて結局貴重な時間を浪費したり、労力を使うことになってしまっては、せっかくのスタートが台無しになりかねません。

私どものお値段は、信頼と安全に相当する価値を含んだお値段と考えています。

そうです。私が追求したいのは「価格」だけではなく確実に取得できる技術、およびこれから先にお客様が更新時、変更申請の際などに再び強い味方になれますよう、私も自分を磨き続けるといったお客様の安全・安心に対しての品質の追求なのです。

ファーストベース行政書士事務所の目指すところ、そしてポリシーについてこのメッセージより感じ取って頂けましたでしょうか。

「お客さまの素敵な未来を創り出すお手伝い」それが当事務所のミッションです。

ぜひ、ファーストベース行政書士事務所で世界のご縁を日本で紬ぎましょう。

お支払い方法

  • 現金
  • 銀行振り込み
  • カード払い
  • paypay

お支払い時期

業務を依頼した時 50%
業務完了時 50%

お支払い口座(銀行振り込みの場合)

銀行名 ジャパンネット銀行・西武信用金庫
口座種類 普通
口座名 ファーストベース行政書士事務所 山川 鬪志
振込手数料 手数料はお客様のご負担といたします。

サービスの流れ

当事務所のサービスの流れは次のようになっています

お問い合わせ お問い合わせフォーム(メール)もしくはお電話で当事務所あてにご連絡をください。不在の場合は翌営業日(土日は月曜日)となる場合がございます)

具体的に書いていただければ、より適切なアドバイスが可能となります。

無料相談 当事務所もしくはお客様のご指定いただきました場所でも行います。(ご指定の場所によっては交通費をいただく場合があります)申請人ご本人さまとの面談、アドバイスを行います。ZOOMでのオンライン相談も実施しています。

その際当事務所規定の価格表に基づき、料金についてのご説明ならびにお見積りを行います。

ご契約 依頼内容と料金に問題がない場合は、書面でのご契約となります。
必要書類のご案内 契約後必要書類のご説明ならびにヒアリングや詳細のアドバイスを行います。

書類作成にむけて、非常に重要ですので丁寧に行いたいと思います。気がかりなことは細かいと思われることでもご遠慮なくお伝えください。

資料の作成 準備 お客様のご用意いただいた資料とヒアリングした内容をもとに、私が確認をおこない、申請資料をとりまとめ作成します。
申請 当事務所が申請を行います。

申請内容や申請時期によっても審査の期間が異なります。

受け取り 許可が出れば残金全額をお支払いいただきます。
入金確認後新在留カード等をお渡しいたします。
         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る