結婚証明書でないの?:中国人と国際結婚・配偶者ビザ申請《高田馬場》サポートセンター

中国人との国際結婚で、日本から先に婚姻手続きを行った場合で、その後日本でお二人で暮らす日本人配偶者ビザの申請について、結婚証明書に関して、だいじなことを新宿・高田馬場のファーストベース行政書士事務所が説明します。

中国人の配偶者ビザ申請

中国人との国際結婚については、注意することがいくつかあります。そのなかでも婚姻の手続きに関して理解していないと後々大変になることを説明します。

 

配偶者ビザの取得条件に両国の婚姻が法的に成立していることがあります。これは在留資格の申請において、法的条件に関することはすべて書類で証明することになっています。

 

どんな書類でしょうか。外国側の婚姻が成立していることの証明は多くは「結婚証明書」などと呼ばれています。また日本側の婚姻の証明書類は日本人の方の婚姻届提出後の「戸籍謄本」で確認します。「戸籍謄本」にお相手の方との婚姻が記載されています。配偶者ビザの取得のためには、相手の方の母国の結婚証明と日本側の結婚したことを証明する書類のそれぞえが必要です。

 

日本側での婚姻が先行の場合

中国の方との結婚の場合、日本側の結婚手続きを先に行うときに大事なポイントがあります。

日本側で結婚を先に行うと中国側では法的には特に手続きを行わなくても婚姻は中国側も婚姻は成立します。これは法的に成立するということです。

 

中国側で婚姻手続きをおこなう場合

手続きは特に不要なのですが、中国の方の中国の戸籍(居民戸口簿)を独身から結婚したというように変更が必要です。

この変更の手続きについて、中国の結婚登記所では、配偶者である日本人の「独身証明書」を求められます。ところが日本側はすでに中国人の方と結婚が成立していますので日本人の方の「独身証明書」は発行できません。

つまり中国側での「結婚登記所」での結婚手続きは進まないことになってしまいます。したがい例の赤い手帳、「結婚証明書」は入手できなくなってしまいます。法的には中国側も結婚は成立していますが「結婚証明書」は発行されません。

これで放置すると中国の戸籍(居民戸口簿)上では「未婚」のままとなってしまいます。「既婚」への変更手続きを行うことを行ってください。

 

中国人の戸籍簿の既婚状況欄を「既婚」へ変更手続き

この手続きについて日本国の「婚姻受理証明」が必要です。日本国内で結婚したという証明「婚姻受理証明」を入手する。

・入手先は婚姻届を出した市区町村

「婚姻受理証明」を日本国外務省の公印確認を受ける。

その後

・在京中国大使館(又は各在日総領事館)で認証を受ける。

・認証うけた「婚姻受理証明」を戸籍所在地の派出所(役場)に提出

翻訳文が必要かどうかは都度提出先に確認します。

 

中国の方の配偶者ビザの取得のためには

日本で活躍する中国人の方は非常に数多くいらっしゃいます。日本側から婚姻手続きをはじめることは、中国人の方がわざわざ中国に帰国することないのが大きなメリットですね!

赤い手帳といわれる「結婚証明書」が発行されないとしたら「配偶者」ビザの取得ができないのでしょうか。その場合は「結婚証明書」の代わりとなる書類を提出して「配偶者」ビザの申請をおこなうことになります。

 

 

・当事務所の配偶者ビザのサポートのご案内です。

よろしければご検討してください。

国際結婚ビザ | ファーストベース行政書士事務所 (firstbase.info)

 

 

 

 

 

 

免責事項 | ファーストベース行政書士事務所 (firstbase.info)

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る