離婚歴のある韓国人との国際結婚について:待婚期間をビザ専門の行政書士が解説

(2023年4月更新) 離婚歴のある方が再婚する場合、日本の法律、民法では女性に現在100日の待婚期間があります。待婚期間は再婚禁止期間とも言われています。 韓国人女性が韓国で離婚後すぐに国際結婚ができるか こんにちは!…

続きを読む

韓国人の国際結婚:婚姻関係証明書など登録事項別証明書をもっと詳しく行政書士が解説

(2023年4月更新) こんにちは!新宿・新宿2丁目のフィラール行政書士事務所が韓国人との国際結婚で、日本から先に婚姻を行う場合の必要な書類について更に詳しく説明します。 「これ、だいじょうぶかしら?」戸籍の係りの方が首…

続きを読む

韓国人との国際結婚:どうなるの私の姓?国際行政書士が解説

(2023年6月更新) 国際結婚では婚姻に関する手続きについて、気になることが次々とでてきませんか? この記事は、東京・新宿のフィラール行政書士事務所の代表の行政書士が韓国人との国際結婚での名字について解説します。 韓国…

続きを読む

出来る?フィリピン人の短期滞在ビザから配偶者ビザ申請への変更について行政書士が解説

フィリピン人のフィアンセが短期滞在ビザで来日して、滞在期間中に結婚して配偶者ビザ申請を行うことは、果たして可能なのでしょうか。 こんにちは!東京・新宿・新宿御苑駅近くのフィラール行政書士事務所の行政書士が、フィリピンに現…

続きを読む

離婚歴のある中国人女性と国際結婚の進め方を教えてください[国際業務の行政書士が答えます]

(2024年6月更新) 時々このようなお問い合わせを日本人男性からいただくことがあります。 日本に住んでいる中国人女性と国際結婚と配偶者ビザの手続きについて教えてください。彼女には4カ月前に日本人男性と離婚の経歴がありま…

続きを読む

戸籍謄本や婚姻届受理証明書のベトナム大使館での認証手続き:ベトナム人と国際結婚

(2024年6月更新) ベトナム人との国際結婚で日本から先に結婚手続きを行った場合、お相手のベトナム人が日本に住んでいないときは、現在ベトナム大使館では、日本に住んでいないベトナム人に対して婚姻証明書を発給していません。…

続きを読む

離婚歴のある中国人の配偶者ビザ取得の注意点

(2024年1月更新) 離婚歴のある中国人と結婚して日本で暮らす配偶者ビザの取得することは難しいでしょうか?こういった質問を時々いただくことがあります。 東京・新宿2丁目のフィラール行政書士事務所は日本で暮らすビザの申請…

続きを読む

離婚歴のあるベトナム人女性と国際結婚。配偶者ビザの取得に気を付けること。

(2024年6月更新) お客様から次のようなお問い合わせをうけることがあります。 「ベトナム人女性と結婚予定です。彼女は離婚歴がありますが、日本で暮らすビザの申請は厳しくなるでしょうか」 こんにちは。東京新宿御苑近くの外…

続きを読む

香港の方との国際結婚手続|配偶者ビザ専門の行政書士が説明します

こんにちは!国際結婚を行い、日本で暮らすビザの取得サポートを行っている東京新宿のフィラール行政書士事務所が説明します。 香港での婚姻手続きは、何度か登記所へ行くことが特徴ですが、もっと大変なのはきっと希望する婚姻の日の予…

続きを読む

配偶者ビザ取得 離婚回数が多い場合

離婚歴が多い方 国際結婚で日本での滞在許可、配偶者ビザの取得を予定されていてるご夫婦の方で、どちらか一方に離婚歴がある方は、配偶者ビザの申請書の作成はご留意してください。 日本で夫婦が暮らすための配偶者ビザ、永住許可、帰…

続きを読む

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    弊所の同意なく、この問い合わせフォームを使用して営業活動や広告等の特定電子メールを送信することを拒否します(特定電子メール法)

    ページトップへ戻る