中国人と上海で国際結婚|婚姻手続きを配偶者ビザサポートの行政書士が説明

上海市は中華人民共和国の直轄市であり、上海市だけで約2000万弱の人口を有し中国最大の経済都市です。日本人も多く約4万人が住んでいます。

上海市での婚姻手続きについて、日本で暮らす配偶者ビザのサポートをおこなっている東京新宿高田馬場のファーストベース行政書士事務所が説明いたします。

中国側での婚姻手続きについて、婚姻の要件や基本的な手続きの流れは、全国共通ですが必要書類や細かいところで各地方によって違いがあります。上海市以外の地方の場合は、なるべく早い段階で中国人の戸籍がある婚姻登記処に問い合わせを行ってください。

 

上海での婚姻手続き

夫婦となる方おふたりが一緒に登記処、上海結婚養子縁組登録センター(上海市婚姻收养登记中心)に行き、婚姻の申請を行う必要があります。代理人に委託することはできません。

訪問日時の予約

婚姻の申請にあたり登記所へ行く希望日時をオンライン予約システムから行います。

“上海一网通办”のサイトからhttp://zwdt.sh.gov.cn/govPortals/grWork.do にログインにより予約ができます。

予約の条件など

  • 婚姻届を申請する配偶者がすくなくとも一人は上海在住者であること。
  • 予約は、翌日から1ヶ月以内の任意の営業日とする。
  • 予約をする方は所定の手順を踏んで、本人の情報を真実かつ正確に記入し、処理する日時を選択し、予約手続きを完了し、予約番号を取得した時点で予約が成立します。
  • 予約者が提供した情報が不正確または不正確な場合は、予約が成立しなかったものとみなされます。

用意する書類

上海市内の方
  • 有効な住民票、有効な永住者手帳
日本人の方
  • パスポート
  • 婚姻要件具備証明書
  • これらの書類の中国語翻訳
  • 本人確認用の写真
  • 婚姻届の申告書(婚姻届事務所で記入)

 

WeChatでの予約方法

WeChatで予約ができます。

  • XiaobuのWeChatページの下部にある[アプリケーションで送信]ボタンをクリックします。
  • 申請ページの「部署」欄で民事局を選択します。
  • 「婚姻届の予約」(结婚登记预约)オプションをクリックします。
  • 予定の登録方法について、その後のmenuボタンで外国人の結婚登記を選択します。

すべての書類が準備できたら書類を持って予約した日時に婚姻登記所に行き、婚姻の登記をしなければなりません。

結婚登記処での婚姻手続き

手続きの内容

・申請するお二人の氏名と結婚の意思について求められます。

・お二人に対し法律上の関係及び配偶者の権利義務を通知されます。

・結婚登記審査処理表 结婚登记审查处理表に申請するお二方が署名捺印を行います。

結婚証明書をご夫婦それぞれにお渡して双方の当事者に宣言します。結婚証明書をもらうことによって夫婦関係が成立します。

 

これで中国側の婚姻手続きは完了します。

日本側での手続きは上海にある日本大使館あるいは日本へ帰国して市区町村役場へ婚姻届と必要書類を提出します。

 

中国人の方との婚姻手続きの全体は、当事務所のこちらのサイトで詳しい流れや必要書類を記載していますので、宜しければご確認してください。

中国人と結婚手続きの手順|新宿・高田馬場で配偶者ビザ申請サポート 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る