教えて。ミャンマー人との結婚 婚姻手続き 配偶者が用意するもの 

ミャンマー人との婚姻手続き

ミャンマーの方との御婚約おめでとうございます!国際結婚の手続きは、かなり用意する書類が多く、また集めるのには、時間もかかると思います。どんな書類どこに提出すればよいか、色々調べてみたけど何だか難しそうで面倒だなぁと感じませんでしたか。勤めていて時間もなく、さらに良くわからないことも多く、お困りではないでしょうか。色々ネットで調べてみて混乱されているかもしれませんね。こういう場合、手続きの流れにそって、重要なポイントを押さえていけば理解が深まるかもしれません。それでは、ひとつひとつ確認していきましょうか。

婚姻要件具備証明書とは

婚姻手続きで大事な書類

国際結婚の手続きでまず考えなくてはならない必要な書類が「婚姻要件具備証明書」です。
何それ。と疑問に思う方もいると思います。
お互いが日本人の場合は、婚姻届けと本籍地が異なる方の戸籍謄本の提出程度なのですが国際結婚となると少し話が異なってきます。
国内の場合は戸籍謄本をみれば、結婚の要件が役所の方にも用意に判断がつきますが、いきなり外国の方が婚姻届をもって役所に行っても「何この人」をなるわけです。もちろん、そんなことは言わないと思いますが。

国際結婚手続きにおいて、これを公的に証明するのが「婚姻要件具備証明書」なのです。つまり婚姻要件具備証明書とは、法律上の婚姻の条件を満たしていることを証明するものです。「独身であって、かつ婚姻能力を有し相手方と結婚するにつき、日本国法上何等の法律的障害のないことを証明する」といった記載があります
独身証明書とは異なります。市町村役場には、独身証明書の発行もあります。こちらは結婚相談所などに入会するための証明に利用されているようです。混同されないように気を付けてください。

婚姻の成立

日本人配偶者の在留資格を取得のためには、双方の国で婚姻が成立していなければなりません。婚姻が可能な法的な条件は国により異なります。国際結婚の場合、条件毎にどの国の法が適用されるのかも考慮する必要があります。

婚姻要件具備証明書の準備から

結婚の手続きは、
①日本での婚姻届けが先の手続きのルート
② ミャンマーでの婚姻届けを先にするルートがあります。どちらを選んでも構いません。
お二人の現在の住んでいる所や状況を考えて選んではいかがでしょうか。①と②では「婚姻要件具備証明書」を用意する方が異なります。

まずこの「婚姻要件具備証明書」を用意することを考える必要があります。

「婚姻要件具備証明書」は、なかなか耳慣れない言葉ですが、法的に婚姻に必要な要件をみたしてることを証明する書類です。

日本で先に結婚手続きを行う場合

ミャンマーの場合、「婚姻要件具備証明書」は発行されません。
したがって、代わりのものを用意する必要があります。
「FAMILY LIST」が「婚姻要件具備証明書」の代わりとなります。

ミャンマー人配偶者が用意するもの

・「FAMILY LIST」(家族構成一覧表)
・地方裁判所公証弁護士が作成した「独身証明書」

日本人が用意するもの

・日本人の戸籍謄本

日本での婚姻手続きで手続きは完了です。
ミャンマーにおいては、婚姻の届け出はありませんので、これで婚姻の手続きは
完了となります。

ミャンマーで先に結婚手続きを行う場合

ミャンマー側の手続き

ミャンマーの法律では、配偶者の入信している宗教によって婚姻手続きが決められています。
それぞれの方式に従い、婚姻証明書を発行してもらいます。

婚姻届のタイトルはAFFIDEVIT OF MARRIAGE(婚姻宣誓書)となっています。裁判所判事の前でお二人がそれぞれ署名して、判事が署名をいれたものがミャンマーの「婚姻証明書」で
す。これで婚姻が成立して判事が「登録簿」に登録することになります。

・仏教徒の場合 地区裁判官または区長の署名
・それ以外   各宗教の指導的立場の方の署名

日本側の手続き

発行後、ミャンマーにある日本大使館で日本側の婚姻手続きを行います。
① の手続き、つまりミャンマーの法律に基づいて婚姻が成立していないと、日本側の手続きはできません。

用意するもの

・婚姻届
・日本人の方の戸籍謄(抄)本
・①で作成した婚姻証明書の日本語訳
作成者の署名と日付必要です。
・ミャンマー人配偶者の国民登録証(NATIONAL REGISTRATION CARD)またはパスポート
上記国民登録証またはパスポートの日本語訳
裏表とも、翻訳者の署名と日付が必要です。

この届出にてより、日本側の婚姻手続きは完了です。

婚姻手続きの前に

ミャンマーの法令の変更により、手続きが急に変更になったり、必要書類が変わる可能性もあります。また事前にミャンマーで日本大使館に事前相談されると、後々の準備が早く進む可能性があります。また日本の市町村役場によって提出書類が異なる場合もありますので
日本に結婚手続きをされる場合も事前に役所へご相談されることをお勧めいたします。

ミャンマーに関係するビザなら当事務所へご相談ください

ミャンマーの方との国際結婚をされて、お二人で日本で過ごす場合は在留のための在留資格の取得が必要となります。複雑な婚姻手続きの後で、在留許可の入管への申請手続きは書類を集める労力が大変です。

当事務所のように、ビザ申請を専門に行っている行政書士にご相談するのが結果的には、きっと近道となるでしょう。ファーストベース行政書士事務所では、ミャンマーをはじめ、インドシナ半島の各国に特に注力して業務を行っています。ご相談いただけることをお待ちしています。

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る