アメリカ人とのカリフォルニア州ロサンゼルス郡での婚姻手続

アメリカは州によって婚姻の手続きに関する法律で婚姻の要件について、いくつか違いがありますが、。各州に共通していることの一つに、婚姻手続きに婚姻許可証が必要なことです。

アメリカでの婚姻手続きは、まず結婚許可証をもらうことから始まります。

カリフォルニア州のロサンゼルス郡は、郡庁所在地のロサンゼルスやロングビーチなど88の市があります。ロサンゼルスはニューヨークに次いでアメリカで日本人が多い都市です。ロサンゼルス郡でのアメリカ人との結婚手続きを説明いたしましょう。

アメリカ側 ロサンゼルス郡での婚姻手続き

 

結婚許可証の取得

結婚許可証(マリッジライセンス)は、ロサンゼルス郡登録記録官/郡書記官事務所RRCC(Los Angeles County Registrar Recorder/County Clerk)で発行されます。

申請はオンラインで申請ができます。申請を完了したら身分証明書をもって結婚許可証を受け取りに行きます。

取得できる場所は、ロサンゼルス郡のノーウォーク市のRRCCの本部やイーストロサンゼルスなどにあるRRCCの支所です。

ラストネームを変える場合はマリッジライセンスの申請時に行います。

 

カリフォルニア州ではマリッジライセンスには2種類あります

・Public Marriage License        $91

・Confidential Marriage License          $85

Public Marriage Licenseでは挙式後誰でも閲覧が可能になります。

★RRCCの案内では、民事婚の挙式がテレビ会議で対応でき、結婚証明書の取得が可能になっています。電話800-201-8999(オプション1)で申し込みをおこないます。

必要な書類

・身分証明書

パスポートやカリフォルニア州の身分証明書など 写真付きで年齢がわかる書類

認定翻訳者による英訳します。

・結婚の経験がある方は離婚届け等

ロサンゼルス郡のマリッジライセンスの取得は、血液検査、健康証明書は必要ありません。申請後の待機時間もありません。

挙式 Civil Marriage Ceremony 

カリフォルニア州のマリッジライセンスの有効期限90日以内に挙式を行います。

挙式を執り行う資格のある方

司祭、牧師、またはラビといった聖職者、カリフォルニア州の裁判所の現職または退職した裁判官、結婚コミッショナー、コミッショナー補佐、市の事務員など

 

挙式後、マリッジライセンスをRRCCに返却して結婚登録を行います。マリッジライセンスの返却の時に、結婚証明書の送付要求を申請します。RRCCへのマリッジライセンスの返却だけで結婚証明書は自動的に送付されません。

結婚証明書を取得してカリフォルニア州 ロサンゼルス郡の婚姻手続きが完了します。

 

日本側の婚姻手続き

婚姻届けを提出します。

日本大使館もしくは日本の市町村役場に届けます。

 

ロサンゼルスの日本大使館に届ける場合

必要な書類

・婚姻届

*婚姻届書用紙は、ダウンロードできません。窓口で直接もしくは郵便で請求します   2部

・戸籍謄本または抄本      2部

・アメリカ人の方の国籍証明書(当該外国政府機関が発給したもの)                 2部

・上記国籍証明書日本語文  1部

・カウンティーの発給した婚姻登録済証明書             2部

・上記婚姻登録済証明書和訳文      1部

これで日本側の手続きも完了です。

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る