イタリア人の方との国際結婚 婚姻手続きや申請方法

イタリア人の方との国際結婚

イタリア人の方との御婚約おめでとうございます!

もしかすると、国際結婚の手続きを調べているのでしょうか。

そうすると、おそらく様々なwebサイト、いろんな方のブログなどをお読みになって情報を収集されているのでしょうか。

手続きでしょうか。順番でしょうか。調べていくと、なんだか大変だなぁと感じませんでしたか。

手続きが難しく泣きそうにならなかったでしょうか。訳が分からなくなり投げ出したくなりませんでしたか。

どちらの国から結婚手続きを進めるにしても、たくさん準備する事があって困ってしまいますよね。

きっときちんと順を追っていけば、だんだん見えてくるかもしれませんね。

それでは、婚姻の手続きについて日本が先とイタリアが先に行う場合とそれぞれを説明していきます。

イタリア人の方との婚姻手続

先に日本で届け行う場合

① イタリア人配偶者の婚姻要件具備証明書を取得

イタリア大使館にお二人で訪問して申請します。

-イタリア人の方の必要な書類
・出生証明書
・戸籍謄本
-日本人の方の必要な書類
・戸籍謄本
日本語訳もつけてもらいます。

② 日本側の婚姻届

日本の市町村役場に婚姻届けとともに準備した書類を提出します。
・婚姻届
・イタリア人の方の婚姻要件具備証明書
・イタリア人の方の身分証明書:パスポート
・イタリア人の出生証明書
・その日本語訳文

これで日本側の届けは完了です。
後日役所へ行き、婚姻届受理証明書および婚姻の記載がある新しい戸籍謄本を入手します。

③ イタリア側での婚姻届

イタリア大使館へ行き日本での婚姻が成立したことの報告を行います。
必要な書類
・婚姻の記載がある戸籍謄本 アポスティーユ認証付き
・婚姻届受理証明書     アポスティーユ認証つき
・身分証明書

これでイタリア側の婚姻手続きも完了です。

先にイタリア側で婚姻を届け行う場合

①日本人の婚姻要件具備証明書

・アポスティーユ(外国の日本大使館のものかどうか)
・公証認証 現地日本大使館の場合用意するもの

②イタリア側の婚姻手続

事前に申請予定の役場に必要書類を確認してください。必要書類は、都市によっても異なる場合があります。
また突然必要書類が変更となっている場合もあります。

大まかな流れは以下の様になります。
(1)申請⇒(2)公示⇒(3)挙式の決定⇒(4)挙式⇒⑤結婚証明書の取得

少々複雑かもしれませんが、順を追って説明しますから安心してください。

①申請

役場で婚姻の申請を行います。結婚の公示の申請と言われるものです。
必要な書類
・申請書
・日本人の婚姻要件具備証明書
・身分証明書

②公示

公示期間は市町村によって異なります。昔は掲示板に出ていましたが、現在ではwebに掲載となりました。約2週間ほどの公示期間に異議を唱えるものがなければ結婚することができます。

③挙式の決定

役所で挙式の日時を決めます。

④ 挙式

挙式のあと、後日市役所で結婚証明書(Certificato di Matrimonio)を入手します。

③日本側の婚姻手続き

以下の書類を用意して在イタリア大使館へ提出いたします。
郵送での対応が可能です。さらに事前にチェックを行ってくれますので便利です。
郵送の前にemailもしくはFAXで大使館へ送付します。

必要な書類

いままでの市町村と異なる場所に本籍地をつくる場合は、以下の文書名の末尾に※のあるものは記載の数にプラス1通が必要です。

・婚姻届 2通 ※
・結婚証明書(Certificato di Matrimonio)2通(原本1+写し1)※
・イタリア人の方の国籍証明書 2通(原本1+写し1)※
・国籍証明書の和訳文 2通 (コピー)※
・日本人の戸籍謄本 2通(原本1+写し1)

これで日本側の婚姻手続きも完了です。

専門家にお任せください。

どうでしょうか。
手続きは時間がかかります。役所へ申請が慣れていない方が行うと、一日仕事になったりして大変効率が悪いのではないでしょうか。
日本で一緒に暮らす事を決めたとき、この後にさらに大きな手続きが待っています。
イタリア人の方が日本で一緒に暮らすためのビザの手続きですね。

日本に住むためには、ビザが必要です。またすでに持っていても変更をなる場合もあります。この申請は婚姻手続きよりも、おそらくもっと、大変だと思います。
そしてお二人に、手続きに関し、気になる事やお悩み事がある場合は、なんとかご自身だけで対応しようとする方もいらっしゃいますが、「うまくいかない」、つまり許可されないことが少なからずあります。

ぜひ日本で暮らすビザ取得の専門家、ファーストベース行政書士事務所まで御相談してください。
日本で夫婦一緒に暮らすとなると、準備することがたくさんあると思います。ぜひ貴重なお時間ですので申請は専門家にお任せください。ご連絡をお待ちしています。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る