アメリカ人との国際結婚|米国ハワイ州での婚姻手続き

こんにちは。世界のご縁を日本で紬ぐ。ファーストベース行政書士事務所の山川です。アメリカ人との国際結婚でアメリカ側で法的に婚姻を成立させるには、リーガルウェディングを行います。「リーガルウェディング」の手続きや婚姻の法的要件は米国50州によって異なります。ハワイ州の手続きは他の州に比べて要件が少し緩和されているようですね。では手続きのながれを詳しく見ていきましょう。

アメリカ側の婚姻手続き

アメリカ側の婚姻手続きは、アメリカの民法に基づく挙式 LEGAL WEDDINGで執り行われます。手続きはwebで行うことが出来ます。また用意する書類も他の州に比べ少ないです。

司祭者の登録

司祭者(牧師や判事など) 登録されている司祭者から予約します。

司祭者については、https://marriage.ehawaii.gov から検索できます。

 

結婚許可証 Marriage Licenseの取得

結婚許可証もオンラインで申請します。

https://marriage.ehawaii.govより結婚許可証を発行する代理人の名簿が出てきます。

代理人に連絡をとり、二人揃って代理人のところへ行き結婚許可証を受け取りに行きます。

結婚許可証を申請する場所

ホノルル – 保健省ビルの1階(1階)、1250パンチボウルセント(ベレタニア通りとパンチボウル通りの角)、月曜日から金曜日(休日を除く)、午前8時から午後4時まで。

※2020年8月末現在。最新情報はweb等でご確認してください。

 

挙式

結婚許可証を発行後30日以内に法的な挙式を行います。結婚許可証は州内で有効です。

マリッジライセンスの提出

挙式ではマリッジライセンスを牧師へ提出します。

発行されたマリッジライセンスを挙式場へ持参し、牧師に渡します。 挙式後、牧師は書類に必要事項を記入し保健局へ郵送いたします。挙式が完了した後に牧師がハワイ衛生局(Department of Health)に結婚の報告します。

要件

  • 申請にあたり、州の居住地や米国市民権の要件はありません。
  • 証人も血液検査も必要ありません。
  • 結婚できる法廷年齢は、お二人とも18歳です。

16歳または17歳場合、両親、法定後見人、家庭裁判所の書面による同意が必要です。

両親や法的保護者は、州の居住者である必要はありません

15歳の申請者は、両親または法定後見人の書面による同意と、家庭裁判所の裁判官の書面による承認が必要です。

両親や法的保護者は、州の居住者である必要はありません。

・年齢の証明について

18歳以下の方 出生証明書ののコピー、19歳以上の方は、有効なIDまたは運転免許証。

・いとこも結婚できます。

必要書類

有効な政府発行の写真付き身分証明書 :運転免許証、パスポートなど

これでハワイ州での婚姻手続きは完了です。

 

日本側の婚姻手続き

ホノルルにある日本大使館もしくは日本に戻り、市町村役場で婚姻届の提出を行います

ホノルルで日本側の婚姻手続きを行う場合

ハワイ州にある日本大使館で婚姻手続きを行う場合です。

必要な書類

  • 婚姻届                2通又は3通
  • ハワイ州衛生局発行の婚姻証明書              2通又は3通                   (原本1通,それ以外はコピー(両面)で可)および婚姻証明書の日本語訳文      2通又は3通
  • 戸籍謄(抄)本               2通(1通はコピーで可)
  • 外国人の出生証明書又は婚姻日に有効なパスポート                              2通又は3通(原本1通(パスポートの場合は提示),それ以外はコピー(両面)で可)
  • 出生証明書又はパスポートの日本語訳文    2通又は3通

これで日本側の婚姻手続きも完了します。

ハワイの方との日本で暮らすビザのフォローはお任せ!

アメリカ人との国際結婚の手続きのアドバイスと日本で暮らすビザなら、専門家へ御相談を。結局のところ専門家への早い段階での相談が近道だったとお客様からご感想をいただいています。

国際結婚手続きと日本での配偶者ビザの申請を専門に行っているファーストベース行政書士事務所へご心配事、不安なことをぜひ御相談してください。1時間の無料相談を実施中です。

 

 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る