ドイツ人との国際結婚 婚姻手続や必要書類

ドイツ人との国際結婚

結婚に関するドイツ法・制度

婚姻適齢年齢

ドイツ法では、男女とも16歳(18際未満は家庭裁判所の 許可が必要)

再婚禁止期間

ドイツでは1998年に再婚禁止期間を廃止しています。

ドイツ人との婚姻手続きについて

日本から先に結婚手続きを行う場合

① 外国人配偶者の「婚姻要件具備証明書」を入手

ドイツの婚姻要件具備証明書を取得に関しては、日本にあるドイツ大使館で取得できません。本国から取得することになります。ドイツ人の居住している各都市の登記所(Standdesamt)で取得します。またドイツでの婚姻要件具備証明書の取得にあたり、日本人配偶者の用意する資料があります。日本人の戸籍謄本などで、しかも必要とされる書類は登記所によって異なる場合があります。さらにドイツ人の証明書を取得のために日本人の婚姻要件具備証明書が必要な場合があります。したがい、認証やドイツ語訳の対応を含めて、必要書類について提出するドイツの登記所へ事前確認が必要です。

② 日本側の婚姻手続き

市町村役場に婚姻届を提出します

■必要な書類

・婚姻届
・身分証明書 パスポートなど
・ドイツ人: Geburtsurkunde(ドイツの出生証明書)
Ehefähigkeitszeugnis(ドイツの婚姻要件具備証明書)
・上記の翻訳文
・日本人 :戸籍謄本

② ドイツ側への婚姻手続き

ドイツの婚姻登記簿に記載するためには、在日本ドイツ大使館もしくは総領事館で登録の申請が必要です。大使館等へ訪問の場合は予約が必要です

■必要な書類
・婚姻登記簿登録申請書(ドイツ語)
・戸籍謄本(またほ婚姻届受理証明書)。
・夫および妻のパスポート
・夫および妻の出生証明書(日本国籍者の場合は戸籍謄本)

ドイツで先に結婚手続きを行う場合

まず準備の前に婚姻に必要な書類を、婚姻する市区町村を管轄する戸籍局(Standesamt)に問い合わせします。その際にアポスティーユが必要になる書類もありますので確認します。

①日本人配偶者の「婚姻要件具備証明書」を入手

「婚姻要件具備証明書」は、戸籍事務を取り扱っている法務局又は地方法務局及びその支局で取得します。

■用意する書類

・日本人の戸籍謄本
・ドイツ人のパスポートの写し等

次に取得した「婚姻要件具備証明書」を外務省で認証(アポスティーユ)を行います。

霞が関の外務本省(東京)です。郵送で対応を推奨されています。
外務省 領事局領事サービスセンター 証明班あてに郵送します。

ドイツにある日本大使館ではアポスティーユ付きの婚姻要件具備証明書は、発行しませんので日本で「婚姻要件具備証明書」を取得します。
また、翻訳前にアポスティーユを取得します。翻訳は提出先の戸籍役場によっては、戸籍役場が認める翻訳者でないと受け付けられない役場があります。事前にドイツの提出先に確認します。

②外国側での婚姻手続き

ドイツでは、市役所内にある管轄の戸籍役場(Standesamt)へ婚姻届を提出します。後日戸籍役場に出頭し、結婚式の日取り等を決めます。当日は役場で宣誓し署名を行い、「婚姻証明書」(Heiratsurkunde)を入手してドイツ側の婚姻手続きが完了です。この結婚式では必要に応じ通訳を求められる場合があります。

■用意する書類

日本人が用意する書類
・婚姻要件具備証明書
・戸籍謄本
・出生証明書 :戸籍謄本をもとに、ドイツにある日本大使館で取得します
・住民票 :ドイツにお住まいがある場合はドイツの住民票(Meldebescheinigung)
・パスポート

ドイツ人が用意する書類
・出生証明書:Geburtsurkunde
・身分証明書:Personalausweis
・住民票:Meldebescheinigung

③日本側での手続き

ドイツ側での婚姻で入手した「婚姻証明書」(Heiratsurkunde)を持ち込み日本大使館で婚姻手続きが可能です。ドイツ人配偶者の「出生証明書」が必要になります。ドイツ語の書類は日本語訳のものが必要です。これらを日本国に持ち帰り市町村役場で手続きを行うこともできます。
ドイツ側への婚姻手続きと異なり、日本側への書類の提出にあたり、日本語訳は、申請される方が行っても構いません。和訳の書式は大使館のホームページからダウンロードできます。

■用意する書類

・婚姻届
・戸籍謄本(又は抄本)
・婚姻証明書(Heiratsurkunde)
・同和訳文
・外国人配偶者のパスポート (国籍を証明できる身分証明書でも可)
・同和訳文

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る