不倫からはじまりました。配偶者ビザの心配事

じつは不倫から交際がはじまって、結婚しました。

東京高田馬場で国際結婚・永住・帰化を特化して行っているファーストベース行政書士事務所から国際結婚で日本にお二人で暮らす配偶者ビザの取得で特にリスクが高くなるケースについて説明します。

お相手の方が外国人で、日本人の方の不倫から始まった国際結婚のカップルが、配偶者ビザの申請を行う場合も、偽装結婚の観点から不許可になるリスクが高まります。

では、不倫の事実を隠蔽するのはどうでしょうか?あえて述べないということも含めてですが、嘘偽りあるいは隠す行為は、どこかでつじつまが合わなくなるものです。たとえ不倫の状態を隠そうとしても、日本人の戸籍謄本による離婚の時期と、申請の際の質問書に記載する外国の方と知り合って、おつきあいから結婚への経緯の所で、きちんとつじつまが合わすことが可能でしょうか。噓はかならずボロがでます。また安易な気持ちで適当に記載してはいけません。

申請にあたり不倫の事実を偽りなくきちんと正直に述べること。「虚偽の申請は絶対行わない」ということを、必ず守ってください。

では不倫から始まった場合、真正な愛情にもとづく婚姻であったとしても、ビザの取得は無理なのでしょうか。

ビザの取得に向けた3つのポイントがこれだ!

次に3つのポイントを押さえて、慎重に申請を行うことがとても大切なことです。

ひとつめ、前の婚姻について、離婚に至る経緯や状況をきちんと説明することです。その前の婚姻があれば、そちらも経緯や状況を説明します。結婚がうまくいかなかったのはどうして?その質問に答えるように文章をまとめていくと良いでしょう。

ふたつめ、今回の婚姻が真正な愛情にもとづく婚姻であることを、きちんと証明することです。これまでの反省文も必要でしょう。それを踏まえてどんな経緯で不倫状態から結婚にいたったかについて説明します。かなりの労力とその時の感情をうまく伝える表現力も必要です。おふたりに愛情があふれんばかりに存在することを述べることです。さらに写真やSNS、メールといったお二人の愛情いっぱいの証拠を提出することになります。恥ずかしがらず、がんばってください。

写真については、海外へ訪問した写真、来日して旅行にいった写真、相手の家族、親戚との結婚式、披露宴の写真といったさまざまな写真を用意します。不倫状態だから、あまり写真を撮っていなかったというケースもよくあります。そのような場合は、今からでも遅くないので同じ日時、同じ場所ではない写真様々なおふたりの「お熱い写真」を撮影しに出かけてください。友人や兄弟と一緒に写真に写っている写真も良いでしょう。

毎日の生活でのラインなどの会話の記録も、真正な実体が恋愛の証明となります。プライベートをさらけ出すことになります。恥ずかしさを乗り越えて証明していきましょう。・

さらに、決意の表れも大切です。これまでの離婚の経緯を踏まえ、不倫はもう行わないこと離婚を繰り返さないことをしっかり述べる必要もあるでしょう。

おふたり生活する経済的基盤は成り立つのでしょうか

配偶者ビザの取得にあたっては、偽装結婚ではないかという疑念を説明していくほかに、婚姻生活が今後安定的かつ継続的に営むことができるかどうかも証明していかなくてなりません。おふたりの間の経済的基盤が今までだけでなく、これからもあるということも証明するということです。養育費や慰謝料の支払いがある場合には、それも含め新しい婚姻生活が成り立つのかも考える必要があります。

専門家にお任せください

どうでしょうか。不安な点が払しょくできましたでしょうか。

配偶者ビザの申請について、ご心配事や不安な所がございましたら、お気軽にファーストベース行政書士事務所にご相談ください。1時間の無料相談を行っています。またZOOMでの対応も可能です。お問い合わせは電話のほか、下に記載のある御相談フォームからが便利です。

 

 

 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る