出会い系サイトやアプリから始まった 配偶者ビザ取得

東京高田馬場で国際結婚・永住・帰化を特化して行っているファーストベース行政書士事務所が

配偶者ビザの申請許可で難易度が高い項目を説明します。

 

外国人と結婚したいと思ったときに、出会い系サイト、アプリでお相手の方を見つけ、国際結婚がまとまることは、この時代もはや決してレアケースでは無いと思います。

しか日本で暮らす配偶者ビザを取得するとなると、気を付けてください。お付き合いの始まりが出会い系サイト・アプリで知り合った場合、配偶者ビザの取得は相当に厳しくなります。

入管は、お金目当てや在留ビザ目当ての「真正な愛がない」偽装結婚では無いかと強く疑われるからです。

 

出会い系サイトは、その「期待する目的」によって2種類に分かれています。

①ただ単に「遊ぶだけ」の相手を求めているサイト ②出会いや婚活などを対象としたサイトです。

②の方をマッチングサイトという呼び方もします。①の方のサイトはサイト名も何やら性的関心を高めるようなネーミングであったり、なにやら怪しげな雰囲気があります。ただ中には、一目見ても遊び系のサイトかどうかも、わからない所も最近はあるかもしれません。

 

①の遊び系のサイト・アプリで出会った場合は、かなり高いレベルで許可を得ることは困難です。「真正な愛」をいつくしむ余地が無いからと判断されるからです。

したがい②の婚活サイトで出会った場合は、①の遊び系サイトと入管で最初からみなされないように、証明する資料を周到に準備することが重要です。これは結構難易度が高いかもしれませんね。

方法は2つあります。一つ目は②の婚活サイトがしっかりとした、怪しい「遊びサイト」ではないことを証明する。二つ目はお二人が「真正な愛」で結ばれたものであることを証明することです。

具体的にはどうでしょうか。

一つ目の婚活サイトの証明はそのサイトを運営している団体が、怪しい所ではないということ。そして真面目な結婚を目的としていることを証明します。

出会い系サイトは届出義務があります。インターネット異性紹介事業に定義されると公安委員会への届け出と電気通信事業を営む者として地域の総通から総務省への登録が必要です。

インターネット異性紹介事業届出 ★★公安委員会認定番号 *******(番号)とか、第二種電気通信事業者届出済 届出番号H4-***とか記載されているかどうか。ただ、これだけでは、単純に健全性を証明できるものではありません。

永らく続いているサイトで、無料出会い系サイトではないことや、匿名サイトではなく年齢確認や本人確認など管理体制がしっかりとした所であるとか、24時間365日監視をおこなっているということなど、まずは運営団体がしっかりしてる点をきちんと述べていくことで、信頼性を上げていきます。

二つ目は、お互いが「真正な愛」で結ばれたものであって、婚姻後もお互いに対する愛情を真摯にいつくしんでいくことをきちんと証明することです。

それは、これまでのお付き合いの経緯、初めて出会った場所、その時の気持ち、おつきあいを始めたきっかけや気持ちの変化、そして結婚を決意した気持ちなどを文章にまとめることです。さらに言葉だけではなく、ラインやメールの記録、お二人でデートした写真やお相手の家族との写真、結婚式の親戚や友人と写っている写真を提出して証明することが大事です。

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る