在留資格認定証明書を取得後、日本への入国までの手続き

こんにちは。配偶者ビザの申請代行の専門家、東京・新宿高田馬場のファーストベース行政書士事務所の代表山川が、配偶者ビザに関して入管に配偶者ビザの申請を行い、すでに在留資格認定証明書(CoE: Certificate of Eligibilit)を取得した後の手続きをご説明いたします。

日本入国までの手続き

在留資格認定証明書の送付

当事務所で在留資格認定証明書の申請代行を行った場合、お相手の外国の方の在留資格認定証明書は当事務所に届きます。お相手の方がお住まいの海外への直接送付は当事務所では行っておりません。日本人の方の住所に送付いたします。お受け取りになられましたら、お相手の方に送付してください。

 

日本へ行くまでの手続き(お相手の方)

次にお相手の方が行う手続きの流れをご説明させていただきます。

査証申請

日本に入国するためには、有効なパスポート(旅券)と日本大使館・日本領事館が発給した有効なビザ(査証)が必要です。「在留資格認定証明書」は査証を発給するために審査を簡略にする証明書です。

お手元に「在留資格認定証明書」が届きましたら、お早めにお相手の方が住んでいる所にある日本大使館へ「在留資格認定証明書」をお持ちになり、査証の発給申請を行ってください。

「在留資格認定証明書」には有効期限があります。発行の日(在留資格認定証明書に記載されている日付)から3ヵ月です。この間に査証の申請をおこない日本に入国しないと「在留資格認定証明書」は効力がなくなります。

効力がなくなるというのは、もう一度最初から手続きをおこない新たに「在留資格認定証明書」を取得するというです。申請に必要な書類は日本大使館・領事館に必ず事前に確認してください。

査証も有効期限があります

査証発給された後は査証発給後3ヵ月以内に日本に入国してください。入国した空港等でパスポートと査証、在留資格認定証明書の3つで上陸審査を受けます。ここで在留資格認定証明書は回収され、在留カードが交付されます。

 

日本に入国後に行う事

日本で住むところが決まったら14日以内に在留カードを持参して居住地の市町村役場に行き「住居地の届出」を行います。必ず14日以内に行ってください。

 

まとめ

これまでの内容を順番に図でまとめました。

 

 

 

 

 

配偶者ビザの申請をしっかりサポート

国際結婚をおこない日本で二人で暮らすため、お相手の外国の方のビザ申請をファーストベース行政書士事務所はしっかりサポートいたします。料金や進め方のお問い合わせはお問い合わせフォームからが便利です。

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る