イギリス人とスコットランドでの国際結婚ー婚姻手続き

スコットランドでの婚姻手続きはスコットランド法に基づくものです。イングランドやウェールズでの婚姻要件と少し異なる所があります。また手続きもすこし異なっています。

スコットランドでの結婚手続き

 

結婚年齢

結婚するおふたりが16歳以上でしたら、結婚が出来ます。

16歳未満の場合は、結婚出来ません。また16歳から18歳の間の方でも、スコットランドでは親の同意は必要ありません。

ちなみにイングランドやウェールズでの婚姻では18歳未満の場合は親の同意が必要です。婚姻にあたり居住要件、つまりその地に住んでいることといった条件もスコットランドにはありません。

 

通知 

まず最初にスコットランド側で行う手続きです。

どちらかが、挙式を執り行う地域の地区登記所で通知 Notice of Intended Marriage (NIM) を行います。登記所で婚姻通知NIMのフォームシートに記載提出します。

提出時期がとても重要

3カ月前から受け付けています。だいだい挙式予定日の10週間~12週間前には登記官に出すべきと言われています。ぎりぎりで29日前です。

 

必要書類

 

  • 出生証明書

結婚の経験のある方は、離婚証明書あるいは死亡証明書

  • 国籍の証明書
  • 居住証明書
  • 日本人の婚姻要件具備証明書

日本大使館で戸籍謄本をもとに出生証明書と一緒に取得します

  • 戸籍謄本

すべて日本語は英語にアポスティーユ付き 英語に翻訳

公示

挙式までの法的な待機期間です。

名前と結婚予定日を結婚通知書the marriage notice book に

記載され結婚希望者リストとして28日間登記所の内外に掲示されます。

 

結婚予定表 a marriage schedule

とても重要な書類です。結婚ライセンスの意味合いもあります。

28日後結婚式の7日前までに登記官からお二人に対し「結婚予定表」が渡されます。民事式の場合は、登記官が挙式までもっていますが、宗教式などの場合は、お二人のどちらかが「結婚予定表」を受け取ります。28日の期間では不都合がある正当な理由がある場合は、申請を行い登記官の判断で前倒しが可能です。

挙式

挙式関連でコロナの感染防止対策

※2020年9月時点の情報で記載しています。この後、以下の記事より変更になっている可能性があります。最新情報を確認してください。

挙式は屋内、屋外で可能ですが人数などに規制があります。この後のパーティ等は別の異なる規制があるようです。このほかにも規制が色々ありますのでgov.scotのコロナウイルス中の結婚に関するさらなるガイダンス 等で確認してください。

  • 子供含み20人以下
  • 証人、カメラマン等関係者もふくんで20人以下
  • 会場のスタッフは、この数に含みません。
  • ソーシャルディスタンスのルールを守る。
  • 世帯数には制限はありません。

などです。

宗教婚、信仰団体婚

承認された司式者により行うことが出来ます。つまり司式者は認められた方ならばキリスト教の出身者、ヒンズー教の出身者、その他の信仰団体の出身者であってもよいです。承認されている司式者のリストはどの地区の登記所でも入手可能です。

宗教婚、信仰団体婚は、宗教的な建物に限らずどこでも挙式を行うことが出来ます。

 

挙式の前に、登記官からもらった「結婚予定表」を、婚姻を執り行う司祭などの司式者の方に渡します。

宗教婚の場合、挙式は宗教団体が決めた形式で挙行されなければなりません。お二人の他に証人、司式者が結婚予定表に署名します。

スコットランドの宗教婚は、イングランド、ウェールズの宗教婚とは手続きが異なります。

 

民事婚

登記所本局から任命された地区登記官によって執り行われます。登記所またはその他適切な場所で登記官により挙式を行います。

お二人は、挙式を執り行う司式者と2名以上の証人とともに、結婚予定表に署名します。挙式では、お二人は法で定められた宣誓を行います。

 

結婚の登録

宗教婚の場合は、挙式後3日以内に署名された「婚姻予定書」が地区の登記所に届くようにします。 民事婚の場合は、挙式が執り行われたあと登記官が「結婚予定書」を持ち帰り、結婚の登録を済ませます。

結婚証明書を後日入手して、スコットランドの婚姻手続きは完了します。

日本側の手続き

スコットランド側の手続きが完了の後、日本側の手続きを行います。

イギリスの日本大使館もしくは日本へ帰国して市区町村役場に婚姻届けと必要書類を提出します。

必要書類 

イギリス人とスコットランドで国際結婚-配偶者ビザを高田馬場でサポート

イギリス大使館に提出の場合の必要な書類は以下の通りです。

  • 婚姻届
  • 婚姻証明書 Certified Copy of Marriage Certificate

Register Officeから発行されたもの

  • 上記の和訳文
  • 戸籍謄(抄)本
  • おふたりのパスポート 提示
  • 外国籍配偶者のパスポートの和訳文

なお、日本大使館へ郵送で届出も可能です。郵送方法等エディンバラ日本国総領事館などのwebサイトで詳しく記載されています。

 

イギリス人との国際結婚の全体の手続きのながれは当事務所の別の記事もありますので、よろしければご確認お願い致します。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る