ニュージーランド人の方との国際結婚 申請手続きと書類について

ニュージーランド人との国際結婚

ニュージーランドの方との御婚約おめでとうございます!
結婚の手続きを調べているのでしょうか。様々なwebサイト、いろんな方のブログなどをお読みになって情報を収集されているのでしょう。
調べていくと、なんだか大変だなぁと感じませんでしたか、準備する資料や手続きの順番など、お悩みになられてはいませんでしょうか。
どちらの国から結婚手続きを進めるにしても、たくさんの準備することがあって混乱しているのではありませんか。
きっと順を追っていけば、わかりやすいかもしれませんね。
婚姻の手続きについて日本が先とニュージーランドが先に行う場合とそれぞれを説明していきます。
その前に、ニュージーランドの法律での制約事項のポイントを確認します。

ニュージーランド国の婚姻について法的制約事項

婚姻可能年齢

16歳から婚姻が可能です。18未満の場合は親権者,家庭裁 判所の同意が必要です。

再婚禁止期間

ニュージーランドでは、再婚禁止期間の制限はありません。
それでは、気になる手続きの流れと、用意する資料について順を追って確認してみましょう。

日本から先に結婚手続きを行う場合

ニュージーランド人配偶者の「婚姻要件具備証明書」を入手

まず、ニュージーランド人について、婚姻無障害証明書が必要です。
対象となる方が、法的に婚姻について問題が無いということの証明書です。
Certificate of No Impediment to Marriage/Civil Union (CONI) は、婚姻要件具備証明書に相当するものです。
申請書はRegistrar of Births, Deaths and Marriages(出生・死亡・結婚登録機関)から取得できます。
電子メールではなく郵送で提出します。
申請から証明書が送られてくるまでにおよそ3週間から5週間必要とします。

日本側の婚姻手続き

必要書類

婚姻届
婚姻要件具備証明書
・提出する各自治体によって必要書類が異なる場合がありますので、提出先の自治体へご確認してください
・婚姻届受理証明書をもらってください。
・後日、婚姻の記載がある戸籍謄本を入手いたします。
これで、日本側での婚姻手続きは完了です。

ニュージーランド側の婚姻手続き

日本側での婚姻がニュージーランドでも有効な婚姻と認められます。特に手続きはありません。これで婚姻手続きは完了です。

ニュージーランドを先に結婚手続きを行う場合

日本人配偶者の「婚姻要件具備証明書」を入手

日本で取得してニュージーランドに持ち込む方法とニュージーランドの日本大使館で
取得する方法があります。
ニュージーランドの日本大使館では、ニュージーランドの役所へ提出用に英文で発行されます。

必要書類

・証明発給申請書
・日本人の身分証明書 パスポートや運転免許証
・戸籍謄(抄)本(発行日より3か月以内)
・離婚歴がある場合「除籍謄本」
発行までの日数は申請後3日です。

ニュージーランド側での婚姻手続き

結婚予定通知書:Notice of Intended Marriage

ニュージーランドの婚姻手続きでは、
まずニュージーランドのBirths, Deaths and Marriages Officeに行き
婚姻登録官の面前で結婚予定通知書に記入します。
法律上結婚を妨げるものがないことを、宣言書に記入しなければなりません。

挙式の手続き

挙式を行い結婚証明書を取得する手続きです。
全体の流れを説明します。
挙式の場所・方法・日にちの決定⇒ライセンスの取得⇒挙式⇒結婚証明書の取得
では順をおって確認してみましょう。

マリッジライセンスの取得

結婚式のまえにマリッジライセンスの申請が必要です
ライセンスは結婚を法的に保証するものになります。
NZに住んでいる方、NZに3営業日前にニュージーランドに来る方は
オンラインでの申請ができます。
結婚式の3営業日前までに申し込む必要があります。
ライセンスの有効期間は3カ月間です。
フォームシートに記載して権限のある人の前でこの申請書に署名し、料金を添え
郵送での対応も可能です。

marriage certificateの取得

Personalised ceremoniesとregistry ceremonyなどがあります。
いづれの挙式でも、celebrantを依頼します。
celebrantは「結婚の詳細のコピー」お二人に与えますが結婚証明書ではありません。
そしてcelebrantが「結婚の詳細のコピー」を用いて結婚を登記しますので、
登記後にmarriage certificate を取得いたします。

日本側での手続き

在ニュージーランド日本大使館で婚姻手続きができます。
・婚姻届け 2通    本籍地を新しく別の場所に設ける場合は3通
・戸籍謄(抄)本 1通 本籍地を新しく別の場所に設ける場合は2通
・婚姻証明書(New Zealand Marriage Certificate原本1通)
Copy of Particulars of Marriageの書類ではありません
本籍地を新しく全く別の場所に設ける場合,婚姻証明書原本は2通
・婚姻証明書婚姻の和訳文 2通
日本語訳文は申請する方が作成して構いません。
・ニュージーランド人の配偶者の旅券(原本の提示)及び同和訳文

専門家にお任せください。

どうでしょうか。
手続きは時間がかかります。役所へ申請が慣れていない方が行うと、一日仕事になったりして大変効率が悪いのではないでしょうか。
日本で一緒に暮らす事を決めたとき、この後にさらに大きな手続きが待っています。
ニュージーランド人が日本で暮らすためのビザの手続きですね。
日本に住むためのビザが必要になったり、変更する必要があります。この申請は婚姻手続きよりも、おそらく大変じゃないでしょうか。
そしてお二人に、手続きに関し、気になる事やお悩み事がある場合は、なんとかご自身だけで対応しがちですが「うまくいかない」、つまり許可されないことが少なからずあります。
ぜひ日本で暮らすビザ取得の専門家、ファーストベース行政書士事務所まで御相談してください。
日本で夫婦一緒に暮らすとなると、準備することがたくさんあると思います。ぜひ貴重なお時間ですので申請は専門家にお任せください。ご連絡をお待ちしています。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る