デンマーク人との結婚 婚姻手続き デンマークが先の場合

デンマーク人の方との結婚手続き

デンマーク人の方と御婚約おめでとうございます!
国際結婚の手続きを調べているのでしょうか。そうすると、おそらく様々なwebサイト、いろんな方のブログなどをお読みになって情報を収集されているのでしょうか。
たくさん準備する事があって混乱していませんでしょか。
きっと順を追っていけば、わかりやすいかもしれませんね。

それでは、婚姻の手続きについてデンマークから先に行う場合を見てみましょう。

デンマークで先に結婚手続きを行う場合

デンマークは婚姻手続きが容易と言われています。他のヨーロッパなどの国々にくらべ申請書類が比較的少ないからでしょうね。

婚姻状況証明書の申請  Certificate of marital status

デンマークでの結婚について、まず婚姻状況証明書の取得を行います。結婚の通知notice of marriage (ægteskabserklæring)です。これは、デジタルセルフサービスというwebからの申請ができます。
条件を満たせば婚姻状況証明書が送付されます。追加の書類や面談に呼ばれる場合もあります。

デジタル申請に添付できる資料

以下の書類が申請の時に添付できる書類です

・ パスポート/身分証明書
パスポート:表と裏を含む全ページの写真またはコピーを添付
EU/EEA IDカード :IDカードの両面の写真またはコピー
・ 観光ビザを含むビザ
・ デンマークの滞在許可証またはEU登録証明書
・ 他のシェンゲン協定国からの滞在許可証
・ 北欧市民権またはEU加盟国の市民権に関するその他の書類
・ デンマークへの入国時の書類(パスポート 入国スタンプなど)

・ the Declaration of truth について、申請書の署名ページで行います。

挙式について

宗教婚と民事婚があります。
挙式の日時とレジストラ(結婚登記人)を予約します。
挙式がとりおこなわれた後、結婚証明書を入手します。
これでデンマーク側の婚姻手続きは完了です。

日本側の婚姻手続き

デンマークにある日本大使館もしくは日本の市町村役場に提出します。

必要な書類

• 婚姻届
• 婚姻証明書( Certified Copy of Marriage Certificate )
• 婚姻証明書の和訳文
• 戸籍謄(抄)本
• 外国人配偶者の国籍を証明する書類:出生証明書( Certified Copy of Full Birth Certificate )
• 出生証明書の和訳文
• お二人のパスポート
これで日本側の手続きも完了します。

専門家にお任せください。

いかがでしたでしょうか。
婚姻手続きは時間がかかります。役所へ申請について慣れていない方が行うと、一日仕事になったり、二度手間になったりと、労力のわりに、ずいぶん効率がわるくなるかもしれませんね。また、外国の役所の手続きに思った以上に時間がかかることも大変なストレスに
なってしまうかもしれません。

もし、日本で一緒に暮らす事を決めた場合は、この後にさらに大きな手続きが待っています。
デンマークの方のお相手の方が日本で暮らすためのビザの手続きですね。
また、すでに持っていてもビザの変更をなる場合今後でてくるかもしれません。この申請は婚姻手続きよりも、準備にあたり、ずいぶん多くの手間と時間がかかると思います。精神的にも、肉体的にもご負担ではないでしょうか。
もし、お二人に、手続きに関し、気になる事やお悩み事がある場合はなおさらでしょう。
なんとかご自身だけで対応しようとする方もいらっしゃいますが、ともすれば「うまくいかない」、つまり許可されないことが少なからずございます。

ぜひ日本で暮らすためのビザ取得の専門家、ファーストベース行政書士事務所まで御相談してください。
日本で夫婦一緒に暮らすとなると、準備することがたくさんあると思います。ぜひ貴重なお時間ですので、ビザの申請については専門家にお任せください。ご連絡をお待ちしています。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る