配偶者ビザの心配事 国際結婚の出会いは、水商売のお店から。

じつは、出会いが外国人パブなんです。

出会いが、「夜の街」、つまり外国人パブなど水商売のお店での出会いの場合、配偶者ビザの許可を得ることは、かなり難易度が高くなります。

まず従業員の方が、税金を払っていないとか、就労制限をそもそも守っていない、勤め先の店の名前を届けていないなど従業員側の在留状況に、数多くの問題があったことや

さらに、そういった外国人を雇っている店で届出を出さずに営業をおこなっているなどといったお店側の違法行為がこれまでもあったことで、まず厳しく審査されます。そもそもがそういうお店で勤めるということは、日本でたやすくお金を稼ぐことを目的としている外国人が少なからずいます。

日本で外国人が仕事につく場合、多くのビザは就職できる仕事に制限があります。就業に制限が無いビザは「日本人の配偶者等」「定住者」「永住者」「永住者の配偶者」のビザです。これらのビザは法に反していない限り、水商売、風俗関係の仕事をおこなうことができます。

楽にお金儲けをしたい外国人は、配偶者ビザを狙って日本人と仲良くなるケース、つまり偽装結婚を行い目的を達成する、よからぬ者がこれまでも数多くいました。だからビザの取得について難易度が高いのです。

こういう人は、何年かたつと配偶者のもとに何日も帰ってこなくなるとか、家をでてしまうとか婚姻関係が形だけとなってしまいます。離婚を繰り返すなどといったケースもあります。

また何年か婚姻関係をつづけて永住のビザを目標とする方もいます。

では、水商売からの出会いでは、配偶者ビザを取得できないのでしょうか。

絶対に守ること

まず第一に考えていただきたいこと。難易度が高いといって、虚偽の申請を行うことは絶対にダメです。必ず守ってください。適当につくろって記載すると、あとで挽回できない大変なことになりますので、正直にきちんと申告することからはじまります。

 

ビザの取得について考えたい2つのポイント

次にこれまでの経緯をできるだけ丁寧に説明することです。2つ大きなポイントがあります。

ひとつは、仕事について

・なんの目的で日本に来て、どんな在留資格取得したか。

・これまでの在留資格はどんなものであったか。

・水商売で働くことになったのは、どうしてか。その理由となりゆき。

・今後も水商売を継続するのか。その理由。

 

ふたつめは、結婚に関して

・離婚歴があるばあいはその理由と経緯

・どこで知りあったのか詳しく、どんな店なのか

・お客から恋愛の対象となった気持ちの変化はどうして。

気持ちの変化と理由

・結婚を決意したのはどうしてか

こちらも、気持ちの変化と理由

こういった点を詳しく、正直に述べていく必要があります。子供がいる場合は状況やこれからどうするのかも説明する必要があります。

非常に説明がむずかしい所があるかもしれません。しかし日本でお二人で暮らすことがおふたりの希望であり、その結婚が真実の愛によるものであるのであれば、きちんとがんばって説明しなければなりません。

そして、その説明にあたり、写真をしっかり提出する事は重要です。お二人の愛情いっぱいの写真、お相手の方の両親や親族と写っている写真、友人と一緒にすごしている楽しいひとときの写真など、また結婚式や披露宴、お互いの家族との会食の写真などは説得力があります。

それに加え、おふたりが連絡をとりあっているラインやメールなどの記録、キャプチュアーによる画像などを用意して、お二人の婚姻が「真正な愛情」に基づくものであると立証していきます。

結婚の安定性と継続性について経済的基盤での説明が必要です

さらに経済的基盤、つまり二人で生活が安定して営めるか、すぐ生活保護を受けるようなことになり国庫の負担になるようなことはないかということも審査されます。

これは、お二人の収入面からも説明が必要です。二人で暮らしていくだけの収入があるのかどうかということです。

 

専門家にお任せください

どうでしょうか。不安な点が払しょくできましたでしょうか。

このような場合、真実の愛に基づく婚姻であることをきちんと立証していくのは大変に感じるかもしれません。しかしそれがお二人の真実の愛からくる婚姻であれば、きちんとポイントをおさえて、偽装結婚でないことを審査官に認められるよう、許可がおりるように、書いていかなくてはなりません。かなり大変な作業でしょうか。

配偶者ビザの申請について、ご心配事や不安な所がございましたら、お気軽にファーストベース行政書士事務所にご相談ください。1時間の無料相談を行っています。またZOOMでの対応も可能です。お問い合わせは電話のほか、下に記載のある御相談フォームからが便利です。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る