外国人の採用の注意すること 在留カードのポイント解説

外国人を採用するときに、注意することは何でしょうか。採用する外国人が正規の就労許可をもっているかどうか。外国人の在留資格、在留期限、就労制限について在留カードで確認することが出来ます。まず採用にあたって、ご担当者の皆様のほうで採用する外国人がもっている在留カードをしっかり確認してください。

日本に中長期で滞在する日本人は必ず在留カードを携帯しています。なぜなら法律によって日本に中長期在留する外国人は在留カードを常にしなければならないからです。(なお特別永住者の方については常時携帯義務がありません)

 

こんにちは!東京・新宿・高田馬場のファーストベース行政書士事務所代表の山川です。このサイトにお越しいただきありがとうございます。この記事は外国人を雇用するときにチェックをすべき在留カードについて必要なチェックポイントの解説を行います。

外国人の採用にあたり確認するポイント解説

 

外国人の採用にあたっては、まず最初に確認すべきことがあります。それが在留カードです。それでは在留カードのどこをみれば良いのでしょうか。在留カードの見方とチェックポイントを説明いたします。

在留カード(おもて)のチェックポイントガイド

表面では4か所をしっかり確認してください。

① 在留資格

ひとりの外国人に一つだけ在留資格が与えられます。2021年現在29種類もの在留資格の種類があります。在留資格の種類によって、就労できるもの、一部制限があるもの、制限があるもの、就労できないものに分かれています。

持っている在留資格が何であるかを確認します。

 

② 在留期間

 

在留資格は期間がきまっており、同じ在留資格でも外国人によって、それぞれ期限が異なっています。期限がくると更新申請を行う、日本から出国することになります。

更新を行わず在留期間を超えたばあい不法滞在(オーバーステイ)となります。当然このような外国人を雇用することはできません。

期間がいつまでかを確認します。

 

③ 就労制限の有無

在留カードに記載される言葉は5種類です。これは①の在留資格によって決まっています。

また「就労不可」と記載されている場合でも仕事ができる場合があります。これは在留カードの裏面で確認することになります。

在留資格と照らし合わせて就労制限の有無も確認します。

④ 在留カード番号

出入国在留管理庁のサイト「在留カード等番号失効情報照会」で、在留カード番号を入力すると在留カードが失効していないかを確認することができます。ちなみに偽造変造については、アプリや目視などで確認します。アプリについては「在留カード等読取アプリケーション サポートページ」が入出国在留管理庁のサイトにあります。

このように在留カード番号により執行状況の確認、カードを目視やアプリなどによって偽造変造を調べることが出来ます。

在留カード(うら)のチェックポイントガイド

在留カード(うら)は大事なところが一か所あります。

⑤資格外活動許可欄

在留資格「留学」、「家族滞在」の方は資格外活動許可を取得すると就労が可能となります。

資格外活動で可能な事

・基本は一週間に28時間働くことが出来ます。

・「留学」の在留資格の場合は、学校が定める長期休暇の場合には一日8時間まで働くことが出来ます。

就労ビザの手続きは外部への委託が便利です

 

企業の皆様が貴重な時間を使い、手間のかかるビザの手続きを行う事はもったいないと思います。お勧めは私のような専門の行政書士に外部委託することだと思います。新宿区高田馬場のファーストベース行政書士事務所なら丁寧なサポートとコンプライアンス最優先。手間のかかる在留資格の申請・更新手続きについて安心してお任せください。代表は事業計画、労務・人事企画部門でマネジメントを行ってきました。企業の経験のなかでサポートできることも有るかもしれません。お気軽にお問い合わせください。ファーストベース行政書士事務所のWebサイトお問い合わせフォームからのお問い合わせが便利です。

就労ビザの申請にお困りの事業者の皆様へ

弊所高田馬場事務所での御相談の他、御社へお伺いしての相談も実施しています。都内と埼玉県、神奈川県の一部で訪問にかかる経費を無料で相談会を実施しています。またオンラインでZOOMを利用した相談も好評実施中です。ZOOMでのお打合せ豊富な弊所ですのでご気軽に御相談ください。

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る