留学生をバイトで雇うときは

留学生をアルバイトで雇う場合

留学生をアルバイトで雇う場合は、雇用主は注意が必要です。コンビニでも飲食店でも個人商店でも同じです。

まず留学生としてちゃんと在留資格「留学」ビザを持っているか確認してください。確認は在留資格カードとパスポートで実際に確認するようにしましょう。

在留カードの裏面には,資格外活動許可を受けている場合に,その許可の要旨が記載されます。

「許可 原則週28時間以内 風俗営業等との従事をのぞく」との記載の文言があるかを確認してください。

在留資格カードの表面に「就労不可」と記載ある方であっても,裏面の「資格外活動許可欄」に上記の記載がある方は,アルバイトをすることが可能です。

許可を受けずにアルバイトした場合はアルバイトを行った外国人は不法就労のケースに適用し、資格外活動罪が成立します。

また外国人だけでなく雇用者も以下の罪に問われます。

雇用者など不法就労させたり,不法就労をあっせんした人

不法就労助長罪として 3年以下の懲役・300万円以下の罰金

たとえ外国人が不法就労者であることを雇用主が知らなかったとしても,在留カードを確認していない等の過失があると処罰まぬがれません。

不法就労させたり,不法就労をあっせんした「外国人事業主」

日本国外へ退去強制の対象となります。

留学ビザと資格外活動許可

留学生は留学の目的で日本に来ていますので本来は「留学」ビザではアルバイトが出来ません。とは言え物価が高い日本の生活は仕送りなどでは不足するところが現実にはあります。

そこで就労ビザに「資格外活動許可」を申請してアルバイトができるようにしています。学業に支障をきたさない範囲であれば単純労働であっても一定条件のもとで認められます。「包括的に」許可されます。「包括的」とはアルバイトの先が変わっても、その都度ごとに「資格外活動許可申請」をし直さなくても構いません。

風俗業でのアルバイトは不可

なお風俗関係、たとえば性風俗店でのマッサージやラブホテル・キャバレー・スナックなどのいわゆる風俗業で留学生がアルバイトで行うことはできません。アルバイトの内容が直接客を接待しない従業員であっても同様です。これらは包括的許可の範囲外です。

資格外活動許可で週28時間以下のアルバイトが可能に

留学生は「資格外活動許可」をとれば週28時間以下のアルバイトが可能となります。また夏休みなどの長期休暇は一日8時間、週40時間(労働基準法の規制を受けるため)までの就労が可能となります。

長期休暇はいわゆる夏休み、冬季、春季休業として留学している教育機関の学則などで定めているものです。何人かのアルバイトを雇い入れている場合で学校や同じ大学の学部によって留学生ごとに休暇の期間が異なる場合がありますので雇用する方は注意してください。また週28時間以内とは週のどの曜日から起算しても28時間以内に収まるということです。

さらに留学生が複数のバイトを掛け持ちしている場合はその合算時間で28時間以内となります。

この制限は、あくまで本業は学業であるところに、特別に資格外活動許可として就業可能時間に対し一定の制約を行って認めているということなのです。

その辺を注意して店主の方など、アルバイトのシフトなど、出勤される方の人員の確保については、毎日大変なご苦労があるかと思いますが、きちんと毎週の勤務管理をおこない絶対に超過することの無いように対応してください。

週28時間を超えてアルバイトをした場合は、留学生が将来「留学」ビザの更新申請や大学、専門学校などを卒業後就労系の在留資格への変更申請の際に在留状況が不良のと評価により許可が下りなくなることがあります。

アルバイト先が行う納税手続きによって、課税関係の資料を提出することなどにより、アルバイトする留学生の収入が把握されることなどで超過時間の事実が発覚します。

資格外活動許可申請について

以下の提出書類を住居地を管轄する地方出入国在留管理官署等へ申請します。

提出書類

  • 申請書
  • 当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類 1通
  • 在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含みます。以下同じ。)を提示
    ※申請人以外の方が,申請を行う場合には,在留カードの写しを申請人に所持させる。
  • 旅券又は在留資格証明書を提示
  • 旅券又は在留資格証明書を提示することができないとき,その理由を記載した理由書
  • 身分を証する文書等の提示(申請取次者が申請を提出する場合)

申請は、該当する申請者(留学生)等が対応するか、もしくは行政書士等に頼むといいでしょう。
なお提出書類に係る出入国管理局に対して手数料はかかりません。

申請書類の必要となる様式は

法務省  行政手続の案内> 出入国管理及び難民認定法関係手続 > 資格外活動許可申請資格外活動許可申請

よりダウンロードすることができます。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る