永住許可申請 在留資格「永住者」取得ガイドライン 

「永住者」取得ガイドライン Guidelines for Permission for Permanent Residence

私、永住申請できるのでしょうか?という問い合わせに対し、クリアしなくてはならない重要な条件がいくつかあります。まず期間です。日本に来てすぐに「永住」の在留資格は取得できません。
それではその他にどんな条件をクリアしていかなければならないでしょうか。永住資格の取得申請にあたり、許可不許可の判断に関し法務省はガイドラインを公表しています。永住申請は、法務大臣の裁量にゆだねられていますので、この条件をクリアすれば確実に許可されるものではありません。それぞれの方のおかれている状況や環境によってことなります。しかし、まずこういった条件をクリアしているかを確認することはとても重要です。

永住申請の法的要件

素行が善良であること(素行善良要件)

つまり悪い人ではないこと。悪い人でないということは
日本国の法令に違反して 懲役、禁錮または罰金の刑に罰せられていないことです。

ではこのような方は絶対永住権が取得できないかといえば、そうではありません。

刑法での「刑の消滅」に該当する場合

①禁錮以上の刑の執行を終えて、つまり出所して10年経過したばあい。
②執行猶予期間を終わりさらに5年経過したばあい
③罰金刑以下の場合は支払い終えて5年経過した場合

「法令違反を行い罰せられたもの」と該当しないということで扱われます。

少年法の保護処分の継続中の者

保護観察処分継続中となっていないこと、少年院に送致されていないこと。

日常生活で繰り返し違法行為や風紀を乱す行為を行う者でないこと

ここでは軽微な法令違反で、繰り返し同様な違反を行っていないことです。主に交通違反が多いかと思います。
駐停車違反や座席ベルト装着義務違反などの比較的軽微な違反を、たまに行う程度ではなく 飲酒運転、20キロを超えるようなスピード違反など 故意に行うようなものは1回でも素行がいいとは認めらない可能性が高いです

独立生計を営むにあたり、資産または技能を有すること(独立生計要件)

生活保護を受けている場合は厳しいです。おおむね年収が300万円以上ないと不可能となる可能性が高くなります。申請人だけで300万円の収入がなくても、申請人以外の配偶者の収入も併せ、つまり世帯の収入が300万円あるかどうかで考えて構いません。
要は世帯で安定した生活が今後も継続して行われるかを判断しているのです。
ただし扶養家族が一人ふえるとおよそですが70万円が加えて考える必要があります、 たとえば妻、子供2人なら 300+妻70+子70+子70でおおむね510万以上ないと厳しいと思われます。

その者の永住が日本国の利益に合すると認められること(国益適合要件)

長年日本に在住して、悪事を働かず、きちんと税金等をはらって、今後も払い続けるような者であるかという観点で見られているという子です。
いくつかの要件があります。

期間の問題

所持している在留資格で定められている条件をクリアしているかです。
★基本:日本に10年間在留して、直近の5年間を継続して就労資格や身分の資格で活動していることです。
この10年については例外があります。
・日本人,永住者及び特別永住者の配偶者:実体を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ引き続き1年以上日本で生活している
等です。これは「永住ビザ」のページの例外の表をご確認下さい。
注意点は在留特別許可や上陸特別許可をもらった方は許可をもらってから3年となります

表に記載以外では
・日本人,永住者及び特別永住者の「実子」「特別養子」:継続1年日本に在留していること(「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」の在留資格を保有していることではない)
・日本の構造改革特別区域内において、特定事業に従事し、この事業おいて日本に貢献のあると認められた方:継続3年日本での活動が必要
・地域再生計画で明示された区域内に所在する公私の機関で特定活動告示36号または37号のいづれかに該当する活動を行い、この活動で日本への貢献があると認められる方:継続3年日本での活動が必要
・外交、社会、文化、経済などの分野での日本国への貢献が認められる方:継続5年の日本での活動が必要

公的義務

納税,公的年金及び公的医療保険の保険料の納付、入管法届出等の義務を適正に履行していること
「適正に履行」として納付については、きちんと期限内に支払っていて滞納していなことです。

現に有している在留資格が最長の在留期間であること

当面の間、3年も最長と取り扱われています。

公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

永住許可申請は、他の在留資格の申請も年々厳しくなっていますが、それ以上に厳しい審査となります。

永住許可の動画のご案内

YouTubeで動画を用意いたしました。

ぜひ動画でも内容をご確認してください

YouTube 動画URL

「永住許可申請 クリアしてます? 条件を説明します」

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る