その申請大丈夫?中国人の永住申請で知っておくべきポイント《新宿・高田馬場》永住ビザサポート中心

ー中国人の永住ビザ取得ガイド

中国人が日本で活動するための永住許可について東京新宿高田馬場のファーストベース行政書士事務所が解説します。

 

日本で活躍する中国人

在留資格を持って日本で活動している中国人の方は約75万人います。そのうち永住者が一番多く約29万人で日本にいる中国籍の方全体の約4割近くの方が永住ビザを持っていることになります。その次に多いのが留学ビザを持っている方で約11万人います。このふたつの種類のビザで総数の50%を超えています。

 

  • 日本に居住している中国人の在留資格  (人)
在留資格 外国人数
総数 749,147
永住者 289,032
留学 106,099
技術・人文知識・国際業務 86,562
家族滞在 70,309

 

 

 

 

 

 

 

 

(出典:在留外国人統計 法務省 2021年6月)

 

中国人の留学生として来日して卒業後技術・人文知識・国際業務などの在留資格で就職してその後、永住ビザを獲得するといった経歴を持つ方も多いのではないでしょうか。年々永住許可は厳しくなっているとはいえ、既に日本に在住している約4割以上の中国人が永住許可を持っています。きちんと要件を理解して、計画立てて永住許可の取得をめざすことがとても重要です。

 

中国人が永住許可を取得するには

永住許可の要件についてざっと説明します。

1.年数の要件

まずは日本で住んで活動している年数の確認です

※帰化の要件と年数が異なります。間違えないでください。

・来日して引き続き10年以上住んでいること

日本人と結婚して日本で暮らしている方は居住要件が異なります。年数が短いということです。婚姻が3年間続いておりそのうち1年以上を日本で暮らしていれば要件をクリアします。

2.素行の要件

前科や犯罪歴に関してです。

ここでは、交通違反も含まれます。また納税状況も確認されます。未納状況だけではなく、きちんと遅れずに納付していることもチェックされます。

3.日本で生計を営むに足りる収入や資産

永住許可では、継続してある程度の収入があり、貯蓄があることが求められています。

 

配偶者ビザから永住許可へ

配偶者ビザを取得して日本に在留している外国人の人数は、中国籍の方が一番多く2021年6月の時点で2万7千人います。

配偶者ビザを持っている方で永住許可を希望する方は非常に多くいます。通常なら10年日本に滞在する要件が配偶者ビザを持っている方は3年の結婚生活のうち1年以上日本にすんでいれば居住要件がクリアになります。特に永住許可の取得について魅力的に感じると思います。ところが近年は永住許可についてだんだん厳しくなっており、日本国に帰化するよりも許可について厳しくなっているとも言われています。

国籍別配偶者ビザでの日本在留人数

国籍 人数
中国 27,124
フィリピン 25,677
ブラジル 16,711
韓国 12,170
米国 10,620
タイ 7,090
ベトナム 5,181
台湾 4,310

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(出典:在留外国人統計 法務省 2021年6月)

 

永住許可申請に必要な書類

永住許可申請は、今お持ちのビザによって、例えば技術・人文・国際業務など就労系のビザと配偶者ビザなどビザの種類によって申請に必要な書類が異なります。

永住許可申請に必要な書類には日本で集める書類と中国から集める書類もあります。中国に両親や兄弟がいらっしゃる場合は、申請される方がご両親の方などに依頼して日本へ送ってもらう方もいます。この場合書類が違うと何度も送ってもらうことになります。中国で書類を集める方に対し、永住許可に必要な書類を正確に依頼することは、とても大事なことです。慎重に依頼してください。

中国から取り寄せる書類

中国人が本国から集める書類は

出生公証書、結婚公証書、家族公証書などがあります。

中国から入手する書類も日本で集める書類も申請される方の状況によって必要な書類が異なります。多くの書類を提出する必要があります。

 

永住申請が難しい理由

永住申請を自分で行う場合、みなさまが難しいと感じるところがいくつあります。

  • 書類が多い事
  • 書類をきちんと準備するのに手間がかかること
  • 自分で作成する書類、理由書などの書きかたについて

そもそも自分は申請が可能なのでしょうか。不安なところも出てきます。自分が要件をクリアしているか制度を理解するのも難しく感じるかもしれません。

  • 永住者許可件数推移

最近の永住許可は審査全体の約5割の許可率で推移しています。東京入管の場合は全体より少し低い許可率で推移しています。慎重に準備を進めなくてはなりません。ここは専門家に任せてみませんか。

 

中国人の永住許可申請をしっかりサポート

東京新宿高田馬場のファーストベース行政書士事務所は、ビザと日本国籍取得の専門家です。中国人の永住許可申請をしっかりサポートいたします。永住許可申請は計画立てて準備することが重要です。まずは永住許可に必要な要件をクリアしているかです。永住申請のサポートついて、料金や進め方などのお問い合わせは下のお問い合わせフォームが便利です。申請に関して無料相談を実施しています。皆様の状況をしっかりお伺いして、必要な書類をリストアップなどビザ取得にむけしっかりサポートいたします。お打合せは、対面でもZoomによるオンライン対応も可能です。

  • このサイトの永住ビザについてのお勧めの他の記事

永住許可申請の詳しい要件とファーストベース行政書士事務所での永住ビザ申請サポート料金のご案内はこちらでご案内しています

https://firstbase.info/eijyu-visa/

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る