その他のビザ(短期滞在ビザ・家族に関するビザ)

ここでは、①短期滞在ビザ②家族に関するいろいろなビザについてご案内いたします。

短期滞在ビザ

短期滞在ビザとは日本に観光や会合、会議や見学、親族への訪問など90日以内で日本に滞在する外国人のためのビザです。観光客や会議参加などの方が具体的な対象となります。

短期滞在ビザの特徴

  • 在留期間は3種類

短期滞在ビザで日本に滞在できる在留期間は3種類あります。15日以内の日、30日、90日です。申請時の希望が必ずしも認められるわけではありません。

  • 申請先は入管ではありません

申請が入管ではなく外国人が暮らす所の管轄している在外公館(日本の大使館)に申請します。

  • 日本での「身元保証人」

日本から呼び寄せる方が申請書類を作成して外国人に申請書類を送付して外国人が海外で申請します。

  • 短期滞在ビザは「商用」「知人訪問」「家族訪問」の3種類

申請の目的から短期滞在ビザは「商用」「知人訪問」「家族訪問」の3種類に分けられます。

  • 短期滞在ビザの有効期限

有効期限は3ヵ月です。

  • 滞在期間の延長

基本的にできません。

 

コロナ以前はビザ不要で入国できたいわゆるノービザの国が数多くありましたが、現在都度申請が必要な一次ビザのみで、以前ノービザ入国が可能な国でも、現在ビザが無いと入国ができません。

短期滞在ビザ料金は以下の表でご確認ください。

短期滞在ビザ サービス 税抜価格 税込
商用
家族・知人訪問
15日 35,000 38,500
30日 40,000 44,000
90日 45,000 49,500

 

短期滞在ビザに関して日本全国、海外からも対応可能です。お問い合わせは末尾のお問い合わせフォームからが便利です。

 

家族に関してのいろいろなビザ

家族に関する出来事から、それぞれに対しての該当するビザ(在留資格)について説明します。

結婚のとき

 

結婚する外国人にお子様がいます

日本人と結婚する外国人のお相手の方には、前の夫との間に子供がいました。いわゆる連れ子の場合です。日本で家族一緒に暮らす場合は、子供のビザの検討も必要です。取得可能なビザについては、いくつかありますが、まずは、定住者ビザの取得から検討することとなるでしょう。この場合はお子様の現在の年齢が重要となります。

離婚のとき

離婚したい。でも日本に住み続けたい

相手(日本人、永住者、特別永住者)と離婚して、引き続き日本に住む場合の手続きは、大丈夫でしょうか?
就労ビザ取得の要件に当てはまらない場合や日本語学校等への入学の可能性(留学ビザ)、結婚の予定がないなどの場合は定住者ビザの取得の可能性を検討することとなります。
一時的に別居していたなどさまざまな事情があるでしょう。ビザ取得にあたっては、離婚の経緯等を整理して詳細を説明する必要があります。

未婚の母です

日本人との間に子供が産まれ(産まれた)ます。その方と結婚はできません

母親と産まれた子供についてそれぞれ考えてみましょう。まず子供です。父親の認知と子供の年齢によって日本国籍を取得が可能な場合があります。次に母親です。内縁の妻のパターンですね。結婚ができないと日本に住めないでしょうか?この場合
日本人の子供がいるということがとても重要なことです。日本人の子供を扶養する「定住者」(日本人実子扶養定住)の資格でビザ取得の可能性を検討することとなります。人道上の理由やその他特別な理由を考慮して判断するものとなります。

 

ビザの申請をサポート

それぞれの可能性にあたっては、前例を考慮しながらも、個別の事情もありますので、許可が取れるかどうかについては非常に判断が難しいです。したがい上記のような事例などに該当する場合は、ビザ関係の行政書士に早めにご相談する事をお勧めいたします。口コミなどの情報を鵜吞みにしない方が良い場合もよくあります。一人で悩んだり、あきらめたりせずに専門家に相談してみてください。

 

 

以下はフィラール行政書士事務所のサポートサービスと料金です。

もしよろしければ検討してみてください。

 

サービスと料金

短期滞在ビザの料金

短期滞在ビザ サービス 税抜価格 税込
商用
家族・知人訪問
15日 35,000 38,500
30日 40,000 44,000
90日 45,000 49,500

 

 

家族に係るビザの料金


私のほうでは、必要書類のアドバイスやコンサルタントとリストアップを行います。後はお客様が役所などで集めて当事務所に送るだけ。
送っていただきました資料をもとに当事務所が申請資料を作成し、申請代行、結果の受け取りを行います

手続きの内容 料金
在留資格変更許可申請 93,000円+税 印紙代
在留資格認定証明書交付申請 93,000円+税 印紙代
在留資格更新許可申請 40,000円+税 印紙代

単純な更新ではない場合は93,000円+税 印紙代

 

 

そのほか、100% サポートプランの「松コース」や申請書類のチェックのみの「梅コース」のプランも御用意しています。お客様のご予算、ニーズにあわせご検討ください。

 

フルサポート(松コース)はお時間のないお客さまにぴったりのコースです。

手続きの内容 料金
在留資格変更許可申請 135,000円+税 印紙代
在留資格認定証明書交付申請 135,000円+税 印紙代
在留資格更新許可申請  50,000円+税 印紙代

単純な更新ではない場合は135,000円+税 印紙代

 

自分たちでなるべく準備を進めたい方には、エコノミープラン(梅コース)もご用意させていただきました。

手続きの内容 料金
在留資格変更許可申請  50,000円+税 印紙代
在留資格認定証明書交付申請  50,000円+税 印紙代
在留資格更新許可申請  30,000円+税 印紙代

当事務所では書類のリストアップと作成した書類のチェックを行います。

 

お支払い方法

  • 現金
  • 銀行振り込み
  • カード払い
  • paypay

お支払い時期

業務を依頼した時 50%
業務完了時 50%

お支払い口座(銀行振り込みの場合)

銀行名 PayPay銀行
口座種類 普通
口座名 フィラール行政書士事務所 山川 鬪志
振込手数料 手数料はお客様のご負担といたします。

 

サービスの流れ

当事務所のサービスの流れは次のようになっています

お問い合わせ お問い合わせフォーム(メール)もしくはお電話で当事務所あてにご連絡をください。不在の場合は翌営業日(土日は月曜日となる場合がございます)
※具体的に書いていただければ、より適切なアドバイスが可能となります。
無料相談 当事務所もしくはお客様のご指定いただきました場所でも行います。(ご指定の場所によっては交通費をいただく場合があります)申請人ご本人さまとの面談、アドバイスを行います。

その際当事務所規定の価格表に基づき、料金についてのご説明ならびにお見積りを行います。

ご契約 依頼内容と料金に問題がない場合は、書面でのご契約となります。
必要書類のご案内 契約後必要書類のご説明ならびにヒアリングや詳細のアドバイスを行います。

書類作成にむけて、非常に重要ですので丁寧に行いたいと思います。気がかりなことは細かいと思われることでもご遠慮なくお伝えください。

資料の作成 準備 お客様のご用意いただいた資料とヒアリングした内容をもとに、私が確認をおこない、申請資料をとりまとめ作成します。
申請 当事務所が申請を行います。

申請内容や申請時期によっても審査の期間が異なります。

受け取り 許可が出れば残金全額をお支払いいただきます。
入金確認後新在留カード等をお渡しいたします。(更新・変更のばあい)
         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る