経営管理ビザ

経営・管理ビザの取得に関するお困りごと

日本で適切に事業を起こす、もしくはお店を開業することについて、何か不明なことはございませんか。

設立にあたり資金や従業員が集まるか等外国人雇用に関して不安なところはありませんか。

許可が下りる事業計画書の作成は大丈夫ですか。

事業計画書の重要性

経営・管理の申請にあたり非常に重要なのが事業計画書です。

「一寸先は闇」とのことわざが日本にあります。ご存じでしょうか。

将来のことは誰もわかりません。また、わからないからといって遠慮して控え目な販売目標の計画書で申請していないでしょうか?

あるいは、積極的はいいのですが、勢い余ってあまり信じられないような利益計画を作成したところで、納得していただけないかもしれません。

経営・管理ビザとは

経営・管理ビザは、日本で経営もしくは管理を行うために必要なビザです。

このビザの事業、管理のパターンとしては

  1. 日本で新たに事業を始める場合。
  2. すでに日本でスタートしている事業で事業主に代わって行う場合
  3. すでにある事業の管理を行う場合

この3つのパターンに分けられます。

また、現在申請者は日本にいらっしゃる方なのか、これから日本に来る方なのかでも手続きは異ります。

申請にあたっては、「会社法」等による「会社設立」の手続きと「出入国管理法」での「在留資格の取得」手続きといった2つのステップがあります。

そして「会社設立」の方は、「在留資格の取得」の要件を考慮しながら進めなくてはならないのが、少しこのビザの難しいところかもしれません。

高い家賃を払い続けて、なおも在留資格取得できず日本に来ることすらできないという事態は考えたくもありませんね。絶対に避けたいものです。

経営・管理ビザの主な要件

この経営・管理の在留資格でクリアしなくてはならない要件2つあります。

  1. 居住用途ではない事務所、店舗がすでに用意できていること
  2. お金500万円以上あること

2つのハードルはクリアできるでしょうか。

お金は出どころとお金の流れを客観的な資料で証明する必要があります。

さらに、この2つがクリアできたとしても、お客様の会社が、お店の事業が永続性、安定性があるかを問われます。

これに答えるのは少々厄介に感じるかも知れませんね。

この点を証明するには、事業計画書をしっかり作成して、提出です。

果たして簡単につくれるものでしょうか。

事業計画書の作成にあたっては、慣れていないと作成に非常に時間がかかったり、押されるべきポイントがぼけていて、ぼんやりとした資料ととなってしまい、許可の取れない全く意味のない計画書となる可能性があります。

経営・管理ビザの申請をサポート

私は上場企業で事業戦略や予算管理を長らく行ってきましたので、適切な利益計画や日本の会社や商店の相場となる原価率を熟知しています。

さまざまな企業、それぞれの業種、業態は違えども、目指すべきお客様の姿をアドバイスすることは得意なところであり、当事務所の強みです。

入管は偽装の会社、ペーパーカンパニーではないかと疑いを最初から持っています。

それに対して会社、店舗の設立が遵法な目的でかつ適法に設立されたものであれば、キチンと疑念を晴らせる証明を行えば良いのです。

申請される方がすでに日本に住んでいれば、まだしも、海外から日本側と一体容易にこの辺の内容すべてを、的確にコントロールして作業をすすめるのは容易ではないことに想像がつきますよね。

このような手間のかかり、かつリスクのある資料作りとなりますので、自分ですすめるというより私どもの事務所にお任せいただき、会社づくりに重要な他の事をどんどん進めていくのが経営面では得策ではないでしょうか。

メニューに応じた料金は以下の通りです。

サービスと料金

おすすめ!

① 経営・管理ビザ+会社設立 らっきぃ☆コース

経営管理ビザ (変更) 255,000円+消費税
経営管理ビザ (認定) 255,000円+消費税

② 会社設立支援 らっきぃ☆コース

会社設立にかかわる当事務所報酬 87,000円+消費税
その他の諸経費 定款認定料(実費)
印紙税(実費)
登録免許税(実費)
司法書士登記報酬額(実費)

③ 経営・管理ビザ更新 らっきぃ☆コース

経営管理ビザ (更新) 72,000円+消費税

④ 許認可申請 らっきぃ☆コース

個別見積もり

⑤ 経営支援  らっきぃ☆コース

個別見積もり

この他にも数多くのオプションコースを用意しています。お気軽にご相談してください。

他の事務所のお値段がとても気になるお客様へ

安いのには、もしかすると、それなりの理由があるのかもしれません。

たとえば、その事務所からの提示された見積もりは、果たしてお客様の気がかりな所が、きちんと丁寧にお伺いできる内容となったいますか。

その事務所は、「許可」が確実に取れること、すなわちお客様の期待しているGoal=幸せを追及しているように感じましたでしょうか?

そう考えると、ただ単に安いということだけで、お任せすることは、私がお客様のお立場でしたら非常に不安に思うに違いありません。

私が大切にしたいことその場だけのお取引ではなく、このたびの何かのご縁を大事にして、お客様がさらに次のステージでの活躍できること、末永く成功が続くことを心より望んでいます。

安い価格に飛びついて結局貴重な時間を浪費したり、労力を使うことになってしまっては、せっかくスタートが台無しになりかねません。

私どものお値段は、信頼と安全に相当する価値を含んだお値段と考えています。

そうです。私が追求したいのは「価格」だけではなく確実に取得できる技術、およびこれから先にお客様が更新時、変更申請の際などに再び強い味方になれますよう、私も自分を磨き続けるといったお客様の安全・安心に対しての品質の追求なのです。

ファーストベース行政書士事務所の目指すところ、そしてポリシーについてこのメッセージより感じ取って頂けましたでしょうか。

「お客さまの素敵な未来を創り出すお手伝い」それが当事務所のミッションです。

ぜひ、ファーストベース行政書士事務所で世界のご縁を日本で紬ぎましょう。

お支払い方法

  • 現金
  • 銀行振り込み
  • カード払い
  • paypay

お支払い時期

ビザの場合 業務を依頼した時 50%
業務完了時 50%
会社設立 業務依頼時 100%

お支払い口座(銀行振り込みの場合)

銀行名
口座種類 普通
口座名 ファーストベース行政書士事務所
振込手数料 手数料はお客様のご負担といたします。

サービスの流れ

当事務所のサービスの流れは次のようになっています

お問い合わせ お問い合わせフォーム(メール)もしくはお電話で
当事務所あてにご連絡をください。不在の場合は翌営業日(土日は月曜日となる場合がございます)
※具体的に書いていただければ、より適切なアドバイスが可能となります。
無料相談 当事務所もしくはお客様のご指定いただきました場所でも行います。(ご指定の場所によっては交通費をいただく場合があります)

申請人ご本人さまとの面談、アドバイスを行います。

その際当事務所規定の価格表に基づき、料金についてのご説明ならびにお見積りを行います。

ご契約 依頼内容と料金に問題がない場合は、書面でのご契約となります。
必要書類のご案内 契約後必要書類のご説明ならびにヒアリングや詳細のアドバイスを行います。

書類作成にむけて、非常に重要ですので丁寧に行いたいと思います。気がかりなことは細かいと思われることでもご遠慮なくお伝えください。

資料の作成 準備 会社設立手続きと必要書類の準備(お客様)

ビザ申請前に会社設立手続きを済ましておきます。

並行してビザ申請に必要な資料についてお客様のご用意いただいた資料とヒアリングした内容をもとに、私が確認をおこない、申請資料をとりまとめ作成します。

申請 当事務所が申請を行います。

申請内容や申請時期によっても審査の期間が異なります。

受け取り 許可が出れば残金全額をお支払いいただきます。
         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る