ベトナム人の妻の家族を短期間日本に呼び結婚式に参加:短期滞在ビザの身元保証人と呼寄せ人

日本人と結婚したベトナム人女性が日本で披露宴を行うためにベトナムの家族を日本に呼びよせるにはどうしたらよいでしょうか。

査証の免除国であれば、有効なパスポートを持っていれば飛行機のチケットを予約して日本に入国することができますが、ベトナムは査証免除の対象国となっていません。

90日以内の短期間の滞在であれば短期滞在ビザで日本に呼び寄せることができます。

呼び寄せ人から見て日本に来る人が親戚の場合親族訪問のビザの手続きを行います。

親族訪問の短期滞在ビザの身元保証人と呼寄せ人について

 

短期滞在ビザで親族を呼ぶためには

短期滞在ビザは目的によって申請に必要な書類が異なります。短期商用、観光、親族訪問、知人訪問などです。

親族訪問の範囲

妻の親戚がたくさんいます。手続きはおなじでしょうか?

呼び寄せる人からみて配偶者、血族・姻族3親等内の方の訪問が親族訪問となります。

  • 父母は?1親等なので大丈夫です
  • 兄弟姉妹や祖父母は?2親等なのでOKですね
  • 姪っ子や甥っ子は?3親等なので該当します。
  • ではいとこは?いとこは4親等になります。該当しません。

従兄弟(いとこ)は短期滞在ビザで呼び寄せられませんか?

従兄弟の場合は、親族訪問ではなく、短期滞在ビザの知人訪問で呼び寄せます。親族訪問と知人訪問では準備する書類が異なります。

短期滞在ビザの親族訪問で呼び寄せるとき呼び寄せ人と身元保証人がよくわかりません。

短期滞在ビザの申請では、申請人は日本に来る人です。ベトナム人の妻の家族を呼ぶ場合、呼寄せ人はベトナム妻として、身元保証人を日本人夫とするとよいでしょう。

身元保証というと何だか大変そうですが、短期滞在の身元保証人は道義的な保証人となります。

「滞在費」「帰国旅費」「法令の遵守」を保証する必要があります。

道義的な責任とは

道義的責任とは法的責任とはことなり、人として正しい道をまもるべき責任であり

呼寄せた外国人に日本滞在中の決まりを守ることをきちんと教えることなどです。

もちろん法律に違反するようなことを示唆すること、たとえば虚偽申請に加担するようなことがあれば法的な責任を問われます。

道義的責任については、守れないことがあっても

何ら法的には問われることはありませんが次回以降の申請において

身元保証人となれない可能性があります。

問題なのは、身元保証人は申請の時に日本滞在中にかかる費用をサポートすることができる能力があることを説明する書類を用意する必要があるということです。

課税証明書や自営業の場合は確定申告書の写しを提出することを求められ、経済的な補償が可能であることを書類の提出で求められています。

従いベトナム人妻の配偶者である日本人が身元保証人となることが多いです。また日本人の収入が少ない場合は親などを追加で身元保証人を増やすことも可能です。

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る