《2022年夏》読むとすっきり。短期滞在で日本へ呼び寄せる方法

短期滞在ビザの申請手続きに関し大事なところと弊所でのサービスの流れについて説明します。コラムでは2022年8月時点のコロナ関連水際対策の情報を記載しています。

コラム 2022年夏時点での短期滞在ビザ申請ポイント(コロナ水際対策について変更情報)

  • 従来ノービザで日本に入国できた国も含め現在も継続して短期滞在ビザが必要
  • 入国時検査及び入国後待機期間の見直しについては、更新の可能性がありますので外務省などから最新情報を確認してください。

[重要]

  • 特段の事情のある方について

新規入国関連でこれまでの

日本人・永住者の配偶者又は子 など(他にも「定住者」や「家族滞在」なども対象でしたが)、に限られていたところですが追加されています。

親族訪問または知人訪問

・親族に準ずる関係が認められる方

・訪日の必要性があると認められる方

について短期滞在のビザを持つ方について入国の許可がなされるようになりました。

どんな方かと言えば

本邦居住者と親族に準ずる関係の方では婚約者や事実婚関係

訪日の必要性があると認められる方としては結婚式や葬儀に参列する方や病気の知人を訪問するといった方です。(法務省のホームページの例示より)

 

短期滞在ビザのポイント

短期滞在ビザの申請について大事なところです。これはお客様からお問い合わせの時に確認させていただきます。

  • 短期滞在ビザの目的と期間が明確になっていますか。

どうしても日本に来たい。といったお問い合わせも時々あります。目的は何でしょうか。

たとえばなかには、日本に来て、結婚して配偶者ビザがほしい。どうしたらいいか。というお客様の質問もあります。「日本に来ること。」の想いが先に立って、日本で「一緒に暮らす」ことが漠然としているお客様もいらっしゃいます。もっとも、そういったお客様の想いは痛いほどよく伝わってきます…。当然のことですし、また大事なことだと思います。

では一気に配偶者ビザまで取得できるのでしょうか。お話をお伺いしてこれは難しいと判断せざるを得ない場合だって、少なからずあります。

婚姻の成立から配偶者ビザまで取得できるように待機滞在の期限の最長の90日で準備ができる可能性があるか、難しいならどうすれば配偶者ビザが取得できるか、そういったことをお客様と一緒に相談しながら計画していきましょう。

短期滞在とは「短期間滞在しておこなう観光、保養、スポーツ、親族の訪問、見学、講習または会合への参加、業務連絡その他これらに類する活動」(入管法別表第1の3の表)

と法律上規定されています。

 

短期滞在ビザのキーワードはこれ!

 

キーワードは2つあります。

  • 短期間であること
  • 就労活動ではないこと

 

短期間であること

 

短期滞在の趣旨から短期で目的が終了することです。1回の入国は最大90日ですが、1年のうちに頻繁に入国を繰り返すことは「短期で目的を終了」とは言えないでしょう。

では「短期間」について短期の日数の基準があるのかというと、180日を超える場合は短期とは言えないというのが実務面での決まりを書いた運用要領に規定されています。1年の半分を超えるような滞在は短期ではないでしょうということです。

 

就労活動ではないこと

 

これは、とても例外的なものを除いて報酬をもらわない活動であるという意味です。日本で行った活動に対し、お金が支払われた場合は、支給する機関が日本になくても、日本で支給されなくても、報酬を受けた活動となります。

 

 

短期滞在ビザのポイント

 

  • 滞在期間は90日、30日、15日以内の日のいづれかです
  • 延長は相当の理由がないとできません
  • 申請先は他のビザと異なります

申請先は日本の入管では無いです。短期滞在ビザの申請する方がお住まいの海外にある在外公館(日本大使館や領事館)となります。また申請の扱いが多い国では指定の旅行代理店へ申請することになります。申請先や必要書類はその国にある日本大使館・領事館によって少しことなりますのでホームページなどから確認してください。

 

 

申請書類

短期滞在ビザは「短期商用等」「親族・知人訪問」「観光」などに区分されて提出する書類が異なります。

必要書類はこちらの記事をご確認ください

2022年夏版!短期滞在(商用、知人・親族訪問)必要書類ガイド | ファーストベース行政書士事務所 (firstbase.info)

動画:知っておきたい!短期滞在ビザ申請のポイント

全国対応申請サポートのフロー

ファーストベース行政書士事務所の短期滞在ビザの申請サポートはオンライン面談や電子メール電話などで全国対応をおこなっています。東京以外にお住まいのかたもご遠慮なくご連絡ください。お申込みは以下のフローととなります。

  • お申込みフロー

ファーストベース行政書士事務所の短期滞在ビザサポート 全国対応ご依頼の流れ

  • 申請までの業務フロー

次にご依頼後の作業のフローを説明いたします。

 

ファーストベース行政書士事務所での短期滞在ビザ申請サポート業務の流れ

お客様は、③リストアップされた書類を集めて⑦完了した書類を海外の申請人(外国人)へ送付するだけです。

理由書が非常に重要な書類です。そのためお客様のお話をしっかりお伺いして作成することになります。①のお打合せがとても大事です。

この後はe-mail等でのやり取りとなります。

以上が弊所の基本サポートプランの「楽々プラン」の説明です。お客様が自分で書類を作成するエコノミーな「簡単プラン」も用意しています。料金表は以下の通りです。

短期滞在ビザ価格表

短期滞在ビザの申請に係る当事務所の報酬表です。

短期滞在ビザ ファーストベース行政書士事務所の料金表

簡単プランと楽々プランの2つのコースを用意しています。

申請サポートの報酬はどちらも全額前金です。また万が一不許可になった場合は一度だけ無料で再申請を行わせていただきます。

※短期滞在ビザは、不許可の場合半年間同一理由で申請はできません。

 

申請人が、過去にオーバステイや犯罪歴がある場合には弊社料金表による難易度加算金の対象となります。(お見積りでご提示いたします)

 

よろしければご検討ください。

 

 

免責事項

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望) 希望時間:

    ご相談日時(第二希望) 希望時間:

    ご相談日時(第三希望) 希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る