生活保護を受けているのですが帰化したい

先日お客様からの問い合わせは、生活保護を受けている方でした。この方が日本に帰化したいという御相談です。生活保護を受けている外国人は帰化できるのでしょうか。答えは国籍法の帰化の条件に有ります。まず結論を言うと「かなり厳しい」です。国籍法には、帰化に関していくつかの条件があります。その中で今回確認する必要のある条件は、生計条件です。

 

生活保護を受けている方の帰化

 

生計条件とは

 

生計条件って何でしょうか。以下の国籍法です

 

生計条件: 国籍法第5条第1項第4号

自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること。

 

つまり世帯の資産や収入によって生計が維持できたら良いという帰化の許可についての条文です。生活保護の場合ですと、許可は非常に難しいです。生活保護に頼るという事は、生計を収入によって営むことが困難だからです。

 

さて「かなり難しい」生活保護者の帰化申請ですが、どうしても帰化を希望される方については、困難を前提として、その可能性について自分で決めてしまわないで専門家の助言を受けてみるのも良いかもしれません。

 

帰化に必要な収入

 

生計を営むに必要な金額とはいったいいくらでしょうか。つまり幾ら収入があれば良いのでしょうか。実はそれは決まっていません。300万でしょうか。200万は可能性があるのでしょうか。実は永住の要件よりも明確な基準は無くて、生計を維持できるほどの収入があれば良いのです。

 

あれば良いというけれど

生計を維持できるほどの収入があれば良いということは、それぞれ申請される方により事情が違います。収入で食べていけるか、つまり家計が赤字かどうかは、家族の人数、会社員か自営業なのか、継続して安定した収入が得ることができるか、借入金の返済状況などによって異なってきますよね。年収が少ないと自分で判断しないで専門家と相談した方が良いでしょう。

ファーストベース行政書士事務所は帰化申請をしっかりサポート

生活保護を受けていると、このように、かなり帰化の可能性は低いです。一方で生活保護を受けていて帰化を希望されるお客様がいらっしゃいます。少しでも可能性があるかどうか。それは客観的に専門家に確認をした方が良いでしょう。

私たちファーストベース行政書士事務所は、条件を満たしているか。どうすれば条件をみたすことができるかを確認することが出来ます。お客様のお悩み事にしっかりお伺いして、将来に向けて目標を共有し、その実現に向けて一緒に考えていきましょう。

 

無料相談のお勧め

 

帰化を希望されるお客様へ。まずは私たちと今の状況についてお話をお聞かせください。

 

無料相談のご予約については、①ホームページのお問い合わせフォームでお問い合わせ、②お電話での申し込みから承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

御相談は弊所事務所でのお打ち合わせの他にZOOMでのオンラインでの御相談も行っています。

 

ZOOMはスマホやパソコンのカメラ機能があれば簡単に対面で打ち合わせが行えるアプリです。もしお使いになられたことが無くても、簡単に画面越しに会話ができます。また心配な方は無料で使い方のサポートを行いますので安心してお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る