普通帰化の条件をチェックしてみましょう!

帰化の申請サポートの専門家、東京・新宿・高田馬場のファーストベース行政書士事務所が帰化の条件のチェックシートを作成いたしましたのでご案内いたします。

帰化についてのご質問では、自分が果たして帰化の条件をクリアしているかどうかについてのお問い合わせを受けることが割と多いです。帰化の条件については、少し複雑なところがあるのかもしれません。今回のご紹介は、普通帰化と呼ばれている内容での帰化申請条件確認のチェックシートです。

 

帰化申請 条件確認チェックシート 

これらは,日本に帰化するための最低限の条件を確認するためにチェックシートでまとめています。以下をクリアしても必ず帰化が許可されるとは限りません。

 

普通帰化チェックシート

以下の帰化申請の条件について順番にチェックしてみてください。

(1)「継続した日本での居住」についてです。

これまでの5年間のうち3ヵ月以上続いた出国は1度も無い
これまでの5年間のうち1年間のうち出国日数が1度も100日を超えていない

 

就労ビザで3年間日本で働きました
あるいは
10年日本に住んでいて1年間就労しました

(2)「行為能力」についてです。

18歳以上で母国法によつても行為能力を有します。

(3)「素行が善良であること」についてです。

刑罰を受けたことが無い
交通違反は軽微なもの 5年間で5回以下
本人、配偶者の住民税の未納・滞納がない(きちんと払っている)
国民年金・厚生年金を直近1年支払っている

(4)生活に困らず暮らしていくための手段や方法に関してです。

会社員・会社役員の場合18万円以上毎月収入がある
自己破産を行っていない、自己破産のあと7年以上経過している

(5)母国の国籍についてです

母国の国籍を離脱もしくは喪失できる

(6)憲法遵守に関することです。

日本国政府を暴力で破壊することを企てたり主張することが無く、そのような政党や団体を結成したり、加入したことが無い

(7)日本語能力に関してです

日常生活に支障のない程度の日本語能力(会話及び読み書き)がありますか。日本語能力試験(JLPT)でN4級程度

 

いかがでしたでしょうか。チェックがついたでしょうか。内容で気になる点や不安なところがありませんでしたか。

 

このチェックシートは普通帰化のチェックですが、日本との特別の関係を持たれている外国籍の方は、たとえば日本で生まれた方、日本人配偶者、日本人の子供、以前日本人であった方などで一定の要件を持たれている方など、このチェックシートの一部の条件が緩和されています。これは簡易帰化と呼ばれているものです。日本で生まれた方には日本で生まれた特別永住者の多くの方が該当いたします。申請のサポートのご相談を受けたい方はお問い合わせをお待ちしております。

 

日本への帰化についてしっかりサポート

 

ファーストベース行政書士事務所では日本への帰化をしっかりサポートいたします。帰化の申請の相談をご希望のお客様は高田馬場駅から徒歩2分のファーストベース行政書士事務所に、お気軽にお越しください。予約制でこのサイトのお問い合わせフォームが便利です。

 

アクセスはこちらから

 

日本全国対応が可能です。

Zoomで面談により帰化のサポートについて日本全国の対応が可能です。お打合せの予約は、お電話やお問い合わせフォームからお待ちしております。

 

ファーストベース行政書士事務所の帰化の料金等はこちらの記事がお勧めです

帰化申請 | ファーストベース行政書士事務所 (firstbase.info)

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る