ブラジル人の日本国籍取得-ブラジル人帰化サポート@ファーストベース行政書士事務所

こんにちは!帰化の申請サポートを行っている東京・新宿・高田馬場のファーストベース行政書士事務所がブラジル人の帰化について説明します。

ブラジル人の帰化

日本で暮らすブラジル人

ブラジル国籍で日本に中長期で滞在する人数の推移は2019年末212千人⇒2020年末209千人⇒2021年6月206千人とほぼほぼ横ばいですが、わずかに減少で推移しています。また2021年6月時点での日本に滞在するブラジル人を在留資格別にみると、合計206千人のブラジル人のうち、永住者 113千人、定住者 70千人、日本人配偶者等 17千人の順となっています。(出入国管理庁公表資料)

 

都道府県別では愛知県59.6千人 静岡県30.9千人 三重県13.6千人 群馬県13.1千人 岐阜県11.9千人 と多くのブラジル人が中部地方に居住しています。この多くは日系ブラジル人で就労することを目的に来日された方々です。

 

1990年6月の出入国および難民認定法の改正で在留資格が日系人にむけて大幅に緩和され、外国籍の「日系二世」「日系三世」の方に対して単純労働でも仕事につける「定住者」の在留資格が設けられました。この結果静岡県や愛知県など楽器・自動車などの工業が盛んな地域で、ブラジル人の方などの日系人が当時不足しがちであった単純労働のニーズを補ってきました。

 

帰化人数

法務省の公開資料によりますとブラジル人の帰化人数は2019年383人⇒2020年409人⇒2021年444人となっています。韓国・朝鮮、中国についで3番目の人数で推移しています。国籍別順位はここ3年間変わっていませんが、ブラジル人の帰化人数は毎年増えており帰化人数比で2021年と2019年で比べると約15%も増加しています。

 

ブラジル人の帰化申請の準備

帰化の申請について、日本の役所などから取り寄せる書類と母国から取り寄せる書類があります。母国から取り寄せる書類は外国人の国籍国によって異なります。ブラジルからとりよせるには時間がかかります。帰化によって日本国籍取得するためには計画的に準備を進める。必要があります。

帰化申請の準備の前に

書類の準備の前に、まず考えなければならないことがあります。

帰化の要件

帰化の申請に対するご自身の要件は、しっかりクリアしているでしょうか。

要件はこちらで確認してください

https://firstbase.info/kika-shinsei/

ブラジルから取り寄せる必要書類

本国のご家族の方にご依頼して書類を郵送してもらいます。帰化される本人だけではなく両親や兄弟の書類が必要ですので間違えなく確実に取得する必要があります。

国籍証明書
出生証明書 本人・両親・兄弟姉妹
結婚・婚姻証明書 本人・両親
離婚証明書 本人・両親
養子縁組証明書 本人・両親
死亡証明書 本人・両親・兄弟姉妹

この他に帰化の申請にあたっては、日本の役所などから資料を集めなければなりません。帰化の申請については準備する書類がとても多くご自身で進めるのは容易ではありません。また時間がとてもかかります。

ファーストベース行政書士事務所は外国人の帰化をしっかりサポート

面倒な帰化の申請手続きは帰化の専門家の行政書士に依頼するのが良いでしょう。東京・新宿・高田馬場のファーストベース行政書士事務所はブラジル人の皆様の帰化申請をしっかりサポートいたします。帰化の条件をクリアしているか、ご依頼はどう進めたらよいかなどのご相談は下に記載しているお問い合わせフォームからが便利です。またZOOMでのお打合せも実施しています。オンラインでのお打合せですのでとても便利です。お電話からでもお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    ★外国人が日本で暮らすビザ(在留資格)についてのご相談は無料相談 有料相談いずれかをご指定ください。(必須)
    ・無料相談:60分 0円  
    当事務所でのサポート内容の説明や料金およびお客様の状況をお伺いして、帰化や在留資格の申請について許可の難易度や可能性について、ご説明いたします。

    ・有料相談:30分 5000円
    申請書類の内容、手続きについて不明点や心配な所を相談したい場合。

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る