留学ビザ│外国人留学生ですが日本の大学留年しそう

こんにちは!国際結婚の婚姻手続きと日本で暮らすビザをサポートしている東京新宿高田馬場の行政書士の山川です。

 

メールでのお問い合わせがありました。

やばい。どうしよう留年しそう。日本にもういることできなくなる、どうしよう……

たったこれだけ。

落ち着いて相談してください。詳しくお話をお伺いいたしましょう・・・。

 

大学生の「留学」ビザの更新について

「留学」といわれる在留資格の更新は可能なのでしょうか?

 

海外からの留学生

日本に海外からの留学生は年々増えています。

2019(令和元)年5月1日現在の外国人留学生は312,214人(対前年比13,234人(4.4%)増)となっています。(在留資格「留学」で滞在している外国人学生の数)中国人留学生が一番多く124,436人、ついでベトナム73,389人ネパール26,308人の順です。

 

「留学」の在留資格更新手続きは気を付けて

日本語学校で勉強されて日本に来る方もいらっしゃいます。努力のかいなく、残念ながら中には、日本での学習内容あるいは日本語の難解な専門用語についていけず思うように成果を出せない学生の方もいます。専門課程になって授業のスピードになかなかついていけない方もいるようです。

あと少しで卒業や進級できなくなる悔しさは、まじめに頑張ってきたらなおさらですね。ところが、何度も留年すると「留学」ビザの更新が非常に厳しくなります。

「留学」ビザの更新が不許可になると、日本に居ることが出来なくなります。このため留年が見込まれる留学生のビザの更新は十分気を付けて手続きを行わなければなりません。

では、「留学」の場合の在留資格更新許可に必要な書類を確認していきましょう。

必要書類

1 在留期間更新許可申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3 パスポート及び在留カード又は在留カードとみなされる外国人登録証明書 提示

 

4 教育を受けている機関からの在学証明書及び成績証明

(1 ) 大学の学部生,大学院生,短期大学生,準備教育機関生,高等専門学校生等の場合

在学証明書(在学期間の明記されたもの),成績証明書 1通

(2 ) 大学の別科生,専修学校の専門課程生の場合

出席・成績証明書 1通

(3 ) 研究生

  1.  在学証明書(在学期間の明記されたもの),成績証明書 1通
  2.  大学の学部等の機関が発行した研究内容についての証明書 1通

(4 ) 聴講生

  1.  在学証明書(在学期間の明記されたもの),成績証明書 1通
  2.  大学の学部等の機関が発行した聴講科目及び時間数を記載した履修届出写し等の証明書 1通

6 申請人の日本在留中の経費支弁能力を証する文書 適宜

奨学金の支給証明書

本人名義の銀行残高証明書または預金通帳の写

親・親族などからの海外からの送金証明書

アルバイトの源泉徴収票の写

延長生(留年)となったことで留学ビザの延長が必要になった場合は、追加書類が必要です。

6.理由書

7.指導担当教員等による修了までの学習計画書

書類作成のポイント

細心の注意をもって申請するところは、いったいどこでしょうか。

そうですね。最後の理由書と学習計画書です。

作成にあたり、ポイントは2つあります。過去と未来、これまでのことと、将来についてです。

これまでのこととは何でしょうか。

ふりかえってなぜ留年した(しそうになった)のかの反省を記載します。

理由や経緯も書きましょう。

将来についてとは何でしょうか。

反省をふまえて今後の改善すること、対策です。

これからは「計画」的に学習していき、もう留年は行わないと強く表明することです。

大事なのは研究や勉学に対する「強い」思いを表すことです。その上で、今後日本で学問を専攻して何をめざすのか

といったことを理由書などにまとめることです。

 

入管はバイトばかりして、学問をおろそかにしていたのではないか。という疑念をもっているます。前半のバイトばかりがポイントなのです。つまり就労制限時間を超えたオーバーワークを行っていないか、つまり不法就労を行っていないかを厳しくみています。

ですから、単位が取れない、成績が良くないといった理由と今後の取り組みをしっかり記載することがとても重要なことです。

留学生の方と一緒にしっかりサポートします

まずは留学生の方、落ち着いて。そして過去と将来について自分なりに考えてみましょう。

そして、申請に不安なところ、心配なところがありましたら東京新宿高田馬場のファーストベース行政書士事務所にご相談してください。お待ちしております。

 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る