[2021年情報:一時支援金の関連] 緊急事態宣言の措置区域

こんにちは!

東京都・新宿区・高田馬場で補助金サポートの専門家、ファーストベース行政書士事務所の事務所代表山川です。当事務所は今回の一時支援金(緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援)に関して事業確認機関として登録しています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年(2021年)1月7日に緊急事態宣言が発出されています。その後一部対象地域の拡大がありました。今回の中小企業庁の「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」に関して、対象地域を念のため確認しておきましょう。これは要件の検討にあたり重要なポイントとなります。

では確認してみましょう。

今回の要件の一つが「飲食店時短営業や不要・不急の外出・移動の自粛」とあります。

これは、

  • 緊急事態宣言の発令地域(宣言地域)の飲食店と直接・間接の取引があること

または

  • 宣言地域における不要不急の外出・移動の自粛による直接的な影響を受けたこと

を指します。

 

その他の要件も含め、要件に合っていれば業種・所在地は問いません。

 

では、今回の緊急事態措置区域はどこだったのでしょうか。

1月7日からの経緯で期間と対象区域を表にまとめました。

期間ならびに対象区域

期間 区域
令和3年1月7日発出分 令和3年1月8日から2月7日 埼玉県、千葉県、東京都及び神奈川県
令和3年1月13日発出分 令和3年1月8日(栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県については、同月 14 日)から2月7日まで 栃木県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県
令和3年2月2日発出分 令和3年1月8日(岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県については、同月 14 日)から3月7日 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県

★2021年2月23日現在

緊急事態措置区域から除外された地域:栃木県

緊急事態実施措置期間:2021年3月7日まで

 

 

首都圏 1都3県がまず緊急事態措置区域となり、その後首都圏では栃木県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県及び福岡県が対象となり、令和3年2月22日では栃木県だけが除外されています。

 

一時支援金については、この緊急事態措置区域の都、県について、繰り返しとなりますが

・飲食店との直接・間接的な取引があること、もしくは

・この緊急事態措置区域における不要・不急の外出で直接的な影響があったことが、

まず要件として該当するかを確認してください。

 

◆この記事を読んだ人は、下記の記事も読んでいます。

 [2021年情報:一時支援金の関連] 一時支援金(中小企業庁)情報

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る