終了 専門家確認サービス特設ページ:東京都 理美容事業者の自主休業に係る給付金 申請サポートセンター

東京都内に事業を行っている理髪店、ヘアサロン、美容院の経営者の皆様

都内の理容業や美容業の経営者の皆様へ 東京都のコロナ対策による自主休業に係る給付金申請時の専門家による事前確認(無料)を高田馬場のファーストベース行政書士事務所は、重点事業としてお客様より承っています。

都の休業補償金申請について (東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金)

新型コロナウィルスの感染拡大防止をより一層強化するため、東京都が自主的に休業いただいた中小企業及び個人事業主の理美容事業者の皆様に対して給付される「東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金」の概要です。

申請受付

5月7日(木)より専用ホームページ(※)からのWEB申請又は郵送で実施中です。

持参による申請は受け付けません。

入力URLは以下の通りです。

https://ribiyo.tokyo-kyugyo-form.com/

支給額

15万円(2店舗以上有する事業者は30万円)です。

対象対象

令和2年4月30日(木)から同年5月6日(水)までの間、

自主的に休業を実施した理容業や美容業を営む理美容事業者の方が対象です。

支給にあたっての要件

次の①~⑤まで「すべて」を満たしていることです。

①東京都内に事業所があること。かつ中小企業基本法に該当する中小企業もしくは個人事業主

大企業が実質的に経営に参画していないこと

②令和2年4月29日以前から、理容所及び美容所に関して必要な許認可等を取得して、営業している方

③令和2年4月30日から令和2年5月6日までの全ての期間において、自主的な休業を行ったこと

④申請事業者の代表者、役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が暴力団員又は暴力団関係者に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないこと。
暴力団、暴力団員及び暴力団関係者が、申請事業者の経営に事実上参画していないこと。

これらを申請時に用意する書類で証明することになります。

申請に必要な書類 5つです

① 給付金申請書(法人にあたっては「法人番号」を記入)
② 営業実態が確認できる書類
確定申告書の控え、直近の帳簿、営業許可証の写し など
③ 休業の状況が確認できる書類
休業期間を告知するホームページ・店頭ポスターの 写しなど

④ 本人確認書類
・法人の場合:法人代表者の運転免許証、パスポート、 保険証等の書類
・個人の場合:運転免許証、パスポート、保険証等の書類

⑤ 誓約書

都協力金と重複申請はできない場合があります

同一業務で「東京都感染拡大防止協力金」の申請を行っている事業者は、本給付金の対象外となる場合があるため、事務局にご相談ください。

申請受付期間

令和2年5月7日(木)~6月15日(月)

専門家による申請の事前確認

東京都は、専門家が申請要件を満たしているか、添付書類が十分かなどについて事前に確認することにより、円滑な申請と支給を目指しているとのことです。

専門家による事前確認がなくとも申請いただくことは可能です。しかし追加書類の提出を求めたり、確認のための連絡をすることがあるので、支給まで時間を要する場合があるようです。

専門家には行政書士を

「専門家による事前確認」の専門家には、行政書士も含まれています。官公庁への許認可申請書類のプロフェッショナルと呼ばれている「行政書士」にお任せください。行政書士は国家資格です。

ファーストベース行政書士事務所は全力で支援

前代未聞の非常事態に対応して協力要請を受けて頑張っている皆様へ。ファーストベース行政書士事務所は「専門家による事前確認」に対し、事務所業務の重点事項との位置づけで、全力でサポートいたします。

専門家をお探しの方へ

いままで特に専門家のお知り合いをご存じない事業者様、これまでお付き合いのある専門家がご多忙でお困りの事業者様、遠慮なくファーストベース行政書士事務所にご相談してください。

専門家による事前確認の費用は「無料」

専門家による事前確認は、申請者の方に経済的負担が無い制度となっています。要するに「無料」です。当事務所も、専門家による事前確認はお金を戴きません。一から当事務所で資料作成の場合は有償とさせていただきますが、当事務所は「専門家の事前確認」業務を優先といたしたく、積極的に有償コースをお勧めすることは致しません。できるだけ多くの事業者様の事前確認を丁寧に行いたいからです。

安心してください

繰り返しです。当事務所は、専門家による事前確認はお金を戴きません。一般的な申請制度に係るお問い合わせには取り扱いを行いませんが、事業者様が申請書を作成にあたり不安な所がございましたら遠慮なく御相談してください。

お客様の声のご紹介

すでに始まっている都の感染拡大防止協力金の専門家確認について、当事務所にお客様から頂きましたメールです。
・素早く丁寧にご指導くださいまして、心より感謝いたします。
・ここまで丁寧にご尽力いただけて、感謝しております。本当にありがとうございました。

専門家の事前確認はやはり重要でした。:「専門家のから声」

すでに何件かお客様より申請の事前確認を行い、私は気が付きました。やはり第三者による確認が重要なことを。

当事務所は「申請書の記載内容確認」「準備資料に不備が無いか」そしてお客様が不安に思っている所や心配な所へのアドバイスを「無料」で行います。

専門家確認の当事務所の受付期間

当事務所は6月11日(木)まで「専門家確認」を受け付けています。

 

念のために当事務所の連絡先を再度ご案内いたします

TEL 03-4511-3386
受付時間9:30-20:00
メールでのお問い合わせ:yamakawa@firstbese.info
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-31-16
ワイムビジネスプラザ708
ファーストベース行政書士事務所
代表者  行政書士:山川 鬪志
・ZOOMでも対応中
ご連絡をお待ちしています。

下記のお問い合わせフォームが便利です。

 

 

 

 

 

 

         

業務に関するご質問や無料相談のご予約は、お電話・メールにて承っております。

メールでのお問い合わせ・相談のご予約

    ご希望の連絡先 (必須)
    メールに返信電話に連絡どちらでも可

    ウェブからの無料相談のご予約は、希望日時をご入力ください。

    ご相談日時(第一希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第二希望)
    希望時間:

    ご相談日時(第三希望)
    希望時間:

    ご希望の相談場所

    出張相談の場合は場所をご指定ください(23区内と埼玉西部は出張料無料)

    ※先約などでご希望に沿えないときは、新たな日時をご提案させていただく場合があります。
    ※上記カレンダーの選択可否にかかわらず、日曜・祝日をご希望の際は先にお電話でご連絡ください。

    ご相談内容(必須)
    例:国際結婚について、 帰化について、就労ビザについて、お客様について (私は~が心配です)など

    ページトップへ戻る